グッズ

【口コミ情報】コニーの抱っこ紐の使い心地は?実際に使って検証しました

コニー抱っこ紐

「赤ちゃんがなかなか寝てくれない」

「家の中でずっと抱っこをねだって大変」

という方におすすめしたいのが、「コニー」の抱っこ紐。ここ数年、ラップタイプの抱っこ紐としてお隣韓国からやってきて日本のママたちの間で爆発的な人気になりました!

港区ママ
港区ママ
赤ちゃんが良く寝てくれると評判です

しかも見た目もおしゃれなので、おしゃれママさんたちの愛用者も少なくありません!

今回はコニーの抱っこ紐をわたしが使って感じたことや口コミなどをあわせて紹介します。

コニーはどんな抱っこ紐?

今、おしゃれママたちの間で、人気のコニーの抱っこ紐。

カラーも多く、カーデガンを羽織るようにおしゃれなラップタイプの抱っこ紐です。

ラップタイプの抱っこ紐

コニーの抱っこ紐はラップタイプの抱っこ紐です。

1枚の布でできているので、ママの体に密着できることが特徴の抱っこ紐になります。赤ちゃんとママとの密着度が高いため、

  • 赤ちゃんが安心しやすい
  • 抱っこするママやパパへの体への負担が少ない
  • 持ち運びが軽くて、小さくて便利

などというメリットがあります。

エルゴなどで有名なキャリ―タイプの抱っこ紐に比べてコンパクトで、肌触りも優しく、赤ちゃんが密着するので抱っこ紐で安心して寝てくれる子が多いと評判です。

コニーの抱っこ紐が使用できる対象月齢と体重

コニーの抱っこ紐は、新生児から体重20kg、36ヶ月(3歳)まで使用することができます。

また使用の方法は、新生児抱っこ、対面抱っこと前向き抱っことなります。おんぶはできません。

コニー対象年齢

 

 

 

 

 

コニー抱っこ紐のスペックのまとめ

値段(税抜き)6,880円
適応年齢新生児~20キロ
抱っこの方法新生児、対面、前向き
素材通常生地:ポリエステル62%、綿33%、ウレタン5%
(重さ200グラム)
メッシュ生地:ポリエステル62%、ウレタン13%
(重さ160グラム)
カラー
サイズ展開女性5号(XXS)~男性19号(3XL / 115cm)まで
女性8段階、男性6段階

コニーの抱っこ紐は、肩のところの布を伸ばして使用するため、カーデガンを羽織っている感じになります。普通の生地は少し厚みがあるため、夏に使うと暑いです夏はメッシュ生地がおすすめです!

防寒対策方法

キャリ―タイプの抱っこ紐は、肩のところにクリップなどでとめられますが、コニーの抱っこ紐は留めにくい作りです。

そこで防寒対策を考えるのならば抱っこ紐をしていてもすっぽりとかぶれるママコートをきることをおすすめします。

ママコートを購入するならスウィートマミーが可愛くて、機能性も高く、コスパもよいのでおすすめです!

港区ママ
港区ママ
ママ用コートは、抱っこを頻繁にするならもっておくと便利です!

コニー専用のケープも売っています!真冬に外に出るときはコートと二枚重ねにして着る感じです!

コニーの抱っこ紐のメリット、デメリット

コニーの抱っこ紐にはメリット、デメリットがはっきりしている抱っこ紐です。

実際に購入して使用した感じたコニーの抱っこ紐のメリット、デメリットについてまとめました。

メリット・価格が比較的安い
・生地が柔らかいため肌触りがよい
・持ち運びが便利
・装着が比較的簡単
・新生児から使える
・洗濯が楽
・ママとの密着度が高いので赤ちゃんが安心しやすい
デメリット・試着できないのでサイズを選ぶのが難しい
・首座り前は頭を支えないとぐらぐらする。両手をあけれない*
・すべて布製のため冬は普通のケープはつけにくい
・人にあったサイズを選ぶ必要があるのでパパと共有はできない
・赤ちゃんが寝てしまっても降ろすときに、寝たまま出せないので起きてしまう確率が高い
・夏は暑い
・肩の下まで布を下ろすので腕が上げにくくなる

*使用時の注意として「常に手でお子さまを支えてください」とあります。

コニーのサイズ選びが難しい!こんな声を聞いてユーザーの使用歴からサイズの見方一覧表」を作成しました!

コニー抱っこ紐
【コニー抱っこ紐サイズ早見表】サイズどれを買ってよいかわからない、迷ったらココ!コニーの抱っこ紐、購入時の一番の悩み!それはサイズ! 小さめサイズを買うといいといわれますが、実際に試着できる店舗もないため、どの...

実際に購入して使用した感想

わたしがコニーの抱っこ紐を使用してすでに1年以上経過しました!そこで今回1カ月、6ヵ月、1歳と使用した感想をお伝えします。

娘1カ月使用時

ママ友に薦められて購入したコニーの抱っこ紐。

お姉ちゃんの保育園の送迎用に購入しました。

しかし、首がしっかりすわっていないので、長時間には不向き。結局バスで長時間かかる送り迎え用には、ベビービョルンのミニを購入し使用することに。

コニーは主に室内用で利用していました。

6カ月使用時

コニーの抱っこ紐は使うのは1週間に一度程度となってしまいました。理由は、

  • 両手をつかえないので不便
  • 抱っこ紐への子供の出し入れが案外面倒(寝ている子も物理的に起きてしまう)
  • 密着しすぎて子供が嫌がる

一番の問題は、娘が密着が嫌なのか15分ほどすると出たがってしまうようになりました。

さて、同じ月齢でコニーを愛用しているママ友には現在使っている理由を聞きました。

  • 軽くて持ち運びに便利だから
  • 密着するので子供がすぐ寝てくれる
港区ママ
港区ママ
抱っこが好きな子にとっては便利だけど、抱っこが嫌いな子は密着感を嫌がることもあるようです。

1歳での使用感

しばらく使用していなかったのですが、タンスの整理の時に目について再度使用してみました。

思ったより、自分の肩や腰が楽!!!娘も密着するためか、大満足!!

外出はエルゴの抱っこ紐をしているのですが、比べても肩への負担も楽に感じます。というのはコニーの抱っこ紐は布でできているので、肩へのあたりが柔らかいんですよね。

子供が大きくなって重くなった分、肩腰への負荷が増え抱っこ紐による違いがかなり顕著になりました。

赤ちゃんと密着することで、その分かかる肩や腰への負担が分散されてるのを実感します。

お出かけする際にも上の子どもようにヒップシートの抱っこ紐をベビーカーに乗せていくので、下の子用にはコニーをもっていきます。

港区ママ
港区ママ
かさばらないから、荷物の多い時に万が一抱っこが必要になった時用の抱っこ紐として入れておくことができます。

ただデメリットとして、子供の動きがはげしく、降りたい時に暴れると落ちそうで少し危険を感じました。

歩くようになってからの使用感

子どもが歩くようになってからは、近所のお散歩など、コニーを装着したままでかけるようになりました。

エルゴなどの抱っこ紐のようにかさばらない点が便利です。また真冬は上からコートを着てしまうこともできるので、お出かけ用の荷物を減らすことができます!

歩き出すと、「抱っこ」と「歩きたい」を繰り返すことが多い中、コニーは冬でもコートの下に羽織っていくことができるので便利でした。

コニーの抱っこ紐みんなの口コミ

コニーの抱っこ紐、ユーザーからの口コミをまとめました!

一番は多い口コミは、すぐ寝てくれる!というもの。

港区ママ
港区ママ
赤ちゃんが寝てくれなくて悩んでいる人はぜひ検討してくださいね!

他にも以下のような口コミがありました!購入の参考にしてください。

  • サイズを選ぶのがむずかしい!サイズを間違えると使えないので絶対注意してくださいね!ホームページなどできちんとチェックして買うことをおすすめします。
  • 生後3ヶ月の娘に使用。着用感は思った以上に密着します。でもきついわけではなく、赤ちゃんが密着して安心して眠る感じです。
  • よくあるスリングは片側に負担が来るけど、コニーはバランスよく両肩に負担が分散されるようになっているため、すごく楽です!
  • とにかく持ち運びが楽。かばんに入るのでこれ一つでお出かけできて便利です。162㎝、60kg、sizeはMで丁度いいです。
  • 何より装着が楽ちん。使い勝手がいい。

中古コニーの抱っこ紐を買う時の注意点

少しでも安くコニーの抱っこ紐を買いたいという場合、メルカリなどのフリマアプリで購入することもできます。

ただ、コニーの抱っこ紐はその生地の伸縮性から長く使用すると伸びる可能性があります。

使用する子供のサイズによって伸びてくるので、もし小さなお子さんに使う場合には、できれば数回使用のみなどのあまり使用していないものを選ぶことをおすすめします。

できれば購入前に、使用していた頻度や、何カ月ぐらいまで使用していたか聞いてみてから購入することをおすすめします!

まとめ:コニーの抱っこ紐はセカンドとしておすすめ

コニーの抱っこ紐は、その特徴や口コミから、セカンドの抱っこ紐として購入するのがおすすめ。

実際に使用しているママ友に聞くと、セカンド抱っこ紐として使用している人が多いというのが印象です。健診時や、お散歩時のちょこっとお出かけ用目的で持っている人が多いのが特徴です。

港区ママ
港区ママ
パパと共有が難しいから、パパ用が必要ですしね!

コニーの抱っこ紐は以下のような使用方法がおすすめです!

  • 寝かしつけ用、家の中用抱っこ紐
  • 近所のお散歩、買い物用
  • 万が一用のセカンド抱っこ紐として
港区ママ
港区ママ
お出かけかばんに入れておけるのが便利。あわてて忘れることがありません。

ただし、「サイズ選び」に気を付けましょう!サイズが心配という人は、コニー似た抱っこ紐で、サイズ調整可能な「スモルビ」があります。こちらも検討してみてください。

新生児期から3歳までと使用できる期間が長いので、一時期使わなくなったとしてもまた使いたくなる時期もでてきます!そのため1つ持っていても損はない抱っこ紐です。セカンドの抱っこ紐として鞄に忍ばせておくことをおすすめします。

コニーの抱っこ紐をお得に購入する方法は?購入の注意点は以下をみてね!

コニー抱っこ紐
コニーの抱っこ紐。店舗はどこにあるの?購入できるサイトや、サイズ交換の方法をお伝え「少しでも楽な抱っこ紐が欲しい!」ひざ痛、肩こり、腱鞘炎に悩む港区ママです。その中で購入したのがコニーの抱っこ紐。 「赤ちゃんが良...

コニーとよく比較検討されるのが「スモルビ」や「ボバラップ」

  • スモルビ
スモルビとコニー
【スモルビ】と【コニー】どう違う?パパと共有したい人におすすめしたい抱っこ紐はこれ!コニーの抱っこ紐のサイズ選ぶに悩んでなかなか購入に踏み切れない人に、おすすめしたいのがスモルビの抱っこ紐。 ...
  • ボバラップ
ボバラップ
ボバラップの口コミ・評判は?メリット・デメリット徹底検証しましたラップタイプの抱っこ紐の中で人気の「ボバラップ」。ボバラップは、一枚の伸縮性のある一枚布の抱っこ紐で、慣れるまで少し難しい一方、慣れてしまえば使いやすいと、口コミでも評判の抱っこ紐です。このブログでは、ボバラップを実際使った体験や口コミなどを中心にボバラップのメリット、デメリットをレビューします。...

新生児用の抱っこ紐をお探しなら以下もおすすめ

  • ビョルン ベビーキャリアミニ
  • エルゴ エンブレース
抱っこ紐
新生児に選んであげたいオススメ抱っこ紐ランキング!選び方を知れば失敗無し子育ての中でも案外ストレスに感じる赤ちゃんの抱っこ。 特に新生児の頃は首がふにゃふにゃで、抱っこ紐での抱っこが思った以上にうまくで...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です