港区ママのブログ
東京都心から最新の子育情報をお届け
グッズ

抱っこ紐はどれがいいの?新生児期から使える抱っこ紐は?抱っこ紐のタイプの一覧と今人気の抱っこ紐を紹介します

抱っこ

赤ちゃんが産まれてから、ママたちの交流会で話題となるのが抱っこ紐。新米ママ、第二子以降のママも含めて新生児の赤ちゃんの抱っこ紐には悩むものです。そんなわたしも悩んでエルゴベビーはじめ、様々な抱っこ紐にトライしてみました。そこで感じたのは、月齢にあわせてやはり使いやすい抱っこ紐が変わるということ。特に月齢の低いうちは抱きやすさが重要なポイントになってきます。そこで新生児期から人気の抱っこ紐を紹介します。

種類も多く値段もさまざま、抱っこ紐に悩む人は多い

抱っこ紐って種類も多く、値段も様々。あかちゃんがいる人の必需品のため、何を購入したらよいか、多くのママたちは悩んでいます。そのため交流会などでも、抱っこ紐に関して使い方も含めて大きな話題になるものの一つです。特に初めての赤ちゃんを持つ新米ママの中で、使い方に悩んでいる人が多くみられます。

抱っこ紐は複数もちのママが大半

抱っこ紐は実際どのぐらいもっている人が多いのでしょうか?私自身は4本持っています。ちなみにママ友のうちでも、2本以上使っている人が大半です。使いやすさの好みや、新生児期と大きくなってきたときと体形の変化によって買い替えたりするようです。

エルゴ買ったんだけど使うの難しくて、使いやすそうなコニーをもう一つ買いました
ビョルンにしたんだけど肩腰の負担を軽減したくてエルゴも買ったよ

抱っこ紐の種類について

抱っこ紐を買う前にまず事前知識として覚えておきたいのが、抱っこ紐の種類。こ紐といってもその形状は様々で、主に4つのタイプにわけることができます。このタイプにより使い勝手がそれぞれ異なります。

1、腰や肩で支える「キャリア」タイプ
→エルゴベビー(OMNI360)、ベビービョルン(ベビーキャリア)、アプリカ(コアラ)、ストッケ(マイキャリア)、ポグネー(ナンバーファイブネオ)等

2、肩から斜め掛けする「スリング」タイプ
→ベビースリング(ババスリング)、ママイト(ダッコルト)、エリカランド(スマートベビーキャリー)等

3、子供を座らせる「ヒップシート」タイプ
ベビーアンドミー(ヒップシートキャリア)、アイコール(ヒップシートキャリアHUG)、ポルバン(ポルバン)等

4、1枚の布を体に巻く「ラップ」タイプ
北極しろくま堂(キュットミー!)、ボバラップ(バボラップ)、ポグネー(ステップワン)、コニー(ぐっすり抱っこ紐)等

以下「キャリア」「スリング」「ヒップシート」「ラップタイプ」の大まかな特徴をまとめました。抱っこ紐によって実際に異なるものもあります。例えばヒップシートの物でも、キャリア風に使うことができるものも多数あります。値段もメーカによってさまざまなので、目安として参考にしてください。

キャリアスリングヒップシートラップタイプ
新生時期△(ものによる)△(ものによる)×(新生児パットを利用すれば○)○(使えるメーカが多い)
柔らかさ硬い柔らかい硬い柔らかい
体感温度暑い普通普通暑い
持ち運びかさばるコンパクト少しかさばるコンパクト
値段高め安め中ぐらい安め
安定感高い低い低い
コメント肩と腰で支えるため親の負担が少ないため長時間でも楽なことが多い。新生児期の横抱きは足の形に気を付ける必要がある。(股関節脱臼をおこしやすい)ヒップシートのみでつかう場合は、首がしっかりしてから。歩き始めてからの使用が便利。キャリアより安定感は落ちるものの、使いやすい。装着が難しい物も。

抱っこ紐はなぜ使い分けたほうがよいの?

新米ママにとっては抱っこ紐は簡単ではありません。わたしも、最初3カ月ぐらいまでは上手に抱っこ紐を使うことができませんでした。赤ちゃんの首座りもしていないため、余計に難しいのです。そのためこの時期には、事故を防ぐためにも赤ちゃんの姿勢を取りやすく、自分が装着しやすいものを選ぶのがおすすめです。

1歳前後歩けるようになると抱っこ紐を買い替える人もでてきます。歩けるようになると、子供が歩きたがるため簡単に装着ができるものが使いやすいからです。ヒップシートのみの利用率も増えてきます。また体重も増えてくるため、長時間抱っこする場合は、肩腰に負担の少ないものが好まれる傾向にあります。

できるだけ余分なものは買いたくないと思いますが、時期によって使い分けた方が負担は断然楽です。メルカリなどを上手に使ってその時期にあわせた抱っこ紐を安く購入するのもよいですね。抱っこ紐は少し使って柔らかくなったもののほうが使いやすいという声もありますよ。

新生児~1歳 使っている人の多い抱っこ紐

交流会などに参加した実感として、新生児から1歳の赤ちゃんをもつママが使っている抱っこ紐のうち、よくみうけられるのは以下の抱っこ紐になります。現在抱っこ紐の購入を検討している人はぜひ参考にしてください。

1、ベビービョルン(ベビーキャリア MINI)
2、コニー(ぐっすり抱っこ紐)
3、エルゴベビー(OMINI360)

4、エルゴ エンブレース

ベビービョルン(ベビーキャリア MINI)

ベビービョルンの、生後0ヶ月から12ヶ月まで使える抱っこ紐「ベビーキャリア MINI」です。首座り前の子供でもしっかり首をささえてくれるので、ホールド感があります。値段も1万円以下です。また赤ちゃんが抱っこ紐の中で寝てしまった場合にも、赤ちゃんを寝たままベッドに降ろすことができるが大変便利です。

「ベビーキャリア MINI」の特徴は肩紐のみで腰では支えません。そのため装着は大変簡単ですし、持ち運びも軽いですが、その分肩には負担がかかります。子供が大きくなってくると負担はさらに大きくなるのが欠点です。尚、1歳までしか使えないため、使える期間は短いです。

ベビーキャリア MINI(1個)【ベビービョルン(BABY BJORN)】

価格:8,250円
(2019/10/9 10:13時点)
感想(4件)

とにかく装着が簡単で安全という点で新米ママにはおすすめします。ママ友の間でも使っている人が一番多いです。(わたしも使用していました!)メッシュ生地もありますが、少し値段も高くなるため、冬に向かう時期であれば通常の生地でよいでしょう。

コニー(ぐっすり抱っこ紐)

コニーは韓国のメーカが出している、ラップタイプの抱っこ紐です。生地が柔らかく、昨年ぐらいよりママたちの間で爆発的に愛用者が増えています!新生児から使えて装着もシンプルで難しくありません。体に赤ちゃんが密着するため、赤ちゃんもすぐにすやすやねていきます。

実際わたしも家の中用の抱っこ紐として購入しましたが、肩も腰も楽で、生地も柔らかいため赤ちゃんも楽そうです。しかし、首座り前だと頭を支えないとぐらぐらします。そのため歩き回ったり、両手を開けて作業する場合は注意が必要です。またママの体にもラップ(布)がかかるため真夏はママも暑いでしょう。

また韓国のメーカーの商品のため日本に実店舗はなく、商品を試すことができません。しかし、サイズは体にぴったりあったものを選ぶ必要があります。(そのためパパとは共有できません。)もしお友達でもっている方がいれば試させてもらうと良いでしょう。160センチ、体重50キロぐらいでXSからSぐらいがおすすめのようです。

エルゴベビー(OMINI 360)

抱っこ紐の王道エルゴベビー。従来の方では首座り前までは布団のようなインサートを使わなくては使用できませんでしたが、このOMINI360シリーズではインサートなしで利用できるようになり、便利さがましました。

【max400円OFFクーポン配布中】エルゴベビー オムニ360 クールエアー ERGO BABY OMNI 360 BABY CARRIER ALL IN ONE COOL AIR MESH エルゴ ベビーキャリア スリーシックスティ 抱っこ紐 抱っこひも おんぶひも だっこ紐 おんぶ紐 出産祝い

価格:20,790円
(2019/10/9 10:44時点)
感想(40件)

新生児から体重20キロまで使えるキャリアタイプのもののため、新生児の赤ちゃんにとっては少し大きく、ブカブカ感があります。またはじめは後ろのバックルに慣れるため練習が必要です。

しかし慣れてしまえば、肩腰の負担も少なく、長く使える商品です。値段は高いですが、1つの抱っこ紐で複数の機能を持たせたい場合はおすすめの抱っこ紐です。

エルゴ エンブレース

2020年春エルゴから新生児~1歳までの専用抱っこ紐「エンブレース」が発売されました。ラップタイプ抱っこ紐の包み込むような優しさをもちつつ、キャリアタイプの装着のしやすさをあわせもっている抱っこ紐です。新生児であっても簡単に抱っこすることができるため、抱っこ紐初心者の方や、抱っこ紐がどうもうまくできないという方にはおすすめです!

ERGO Baby 抱っこひも 前向き抱き可 [日本正規品保証付] 新生児から 柔らかい 軽量 簡単装着 ベビーキャリア エンブレース EMBRACE グレー 0か月~ CREGBCEMAGRY
Ergobaby(エルゴベビー)

詳しくは、以下記事もご覧ください~

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です