抱っこ紐

akoakoスリングの口コミを検証。メリット、デメリットをお伝えします。

akoakoスリング

抱っこ紐大好きな港区ママ(@minatokumama)です。

楽天でベビースリング部門で高い評価のakoako(アコアコ)のスリング。

そんなアコアコのスリングについてメリット、デメリットをお伝えしたいと思います。

akoakoスリングはこんな人に向いてます

  • 赤ちゃんの寝かしつけに悩んでいる人
  • 抱っこしないとギャン泣きで困っているママ
  • ちょっとしたお出かけ(上の子の送迎など)
  • 新生児~1歳ぐらいまでの赤ちゃん
口コミでも寝てくれない赤ちゃんがよく寝てくれるようになった、抱っこが楽になったという声が沢山!akoakoスリングの中で寝かしつけることで、ママも腱鞘炎から解放され、赤ちゃんも包み込まれて幸せになります。

赤ちゃんが泣いて寝てくれないというママにおすすめのスリングです。

akoakoはシンプルだけど機能的なスリング

akoakoのスリングは、調整用の金具も一切なく、縫い目だけの超シンプルなスリング。

綿100%でわっか状になっています。わっかの部分が大きく、ここに赤ちゃんのお尻がすっぽりはいるようになっている構造です。

わたしのは外が日本伝統の織のしじら織。中はガーゼ仕立て。そのため肌触りが優しいのが安心です。

akoakoは横抱き可能なスリング、でも注意が必要

akoakoのスリングは横抱き対応。

とはいっても普通多くの人が横抱きというと以下をイメージするかもしれません。

全身すっぽりスリングの中にはいって横になっている感じ。

スリング↑のような抱っこはだめ

 

赤ちゃんが苦しくなっちゃうし、股関節にも影響を及ぼします。(足はスリングの中にいれていても伸びているのはだめです。)

スリングの横抱きに関する注意勧告は、小児整形外科学会からもリーフレットが出ています。

akoakoのスリングでは、赤ちゃんのお尻がスリングの一番ふかいところにきて、頭が支えられ、入れた時足の形がM字になっているのが正しい抱っこになります。

アコアコ
港区ママ
港区ママ
横抱きの場合は、足がピンとのびやすいよ。常に足の形がM字になっているか、また首がくるしくなっていないか確認してあげるとよいでしょう。

コアラ抱き(縦抱き)も可能

akoakoスリングでは、一般的な抱っこ紐で推奨されるコアラ抱きも可能です。

akoako

コアラ抱きとは、抱っこするときに縦にママの体に抱き着くような形になります。

首すわり前は左肩の部分の布を首から頭にかけてかぶせてあげて、首を支える形になります。

両脚は開く形になり自然とMの形に足がなるのが正しい抱っこになります。

エム字↑足の形が分かりやすいようにベビーラップでの写真にしました。(akoakoではありません。)
港区ママ
港区ママ
多くの抱っこ紐の場合、縦抱きで抱っこするときは自然にM字に足の形がなるようにできています。

わたしは生まれたばかりのふにゃふにゃの赤ちゃんを縦抱きするのは抵抗感がありました。かといって横抱きは怖かったので、1カ月ぐらいは抱っこ紐はつかわずなるべく素手で抱っこしていました。

首座り前は布の中に入れてあげる必要があります。

akoakoスリングはおんぶや前抱きも可能

akoakoスリングはスリングでおんぶや前抱きも可能です。

おんぶは前抱きから後ろ側の背中に持っていきます。

前向き抱っこも、おんぶも首座り以降からをオス勧めします。

ただスリングでの前向き抱っこは赤ちゃんが気になるものがあると前のめりになることもあり、前に落ちやすいので手を添えることをおすすめします!

両手は自由になる?

両手が自由にできるかどうかは、月齢などにもよります。

首座り前は、安全のためにも片手を添えていた方が安心感が高いでしょう。

港区ママ
港区ママ
家の中で上の子の寝かしつけをするときには両手が空いて楽という声もあるのも事実。一方、片手を添えないと怖いという声もあります。

また前かがみになった時などキャリ―タイプの抱っこ紐より落ちやすいので注意は必要。

個人的にはakoakoスリングを使う時は片手を添えて使うことを前提とした方がよいかなっというのが実感です。

買い物などで、両手を自由に使いたいという場合はキャリ―タイプの方が安定感が高く赤ちゃんの正しい姿勢がキープしやすいので初心者でも安心です。

なかでもベビービョルンミニは新生児に使いやすいことで人気の高い抱っこ紐になります。

ベビービョルンミニ
ベビービョルン ミニは使いやすさ抜群!新生児を抱っこするなら間違いなし!ベビービョルン(babybjorn)の新生児から1歳までに特化した抱っこ紐、ベビーキャリアMINI(ミニ)。 長く使えるタイプのエ...

akoakoスリングのメリット

akoakoスリングの一番のメリットは、赤ちゃんがすぐに泣き止んで寝てくれるというもの。

akoakoスリングを使うと、おくるみのように布で赤ちゃんが覆われ安心感があるからといわれています。

寝かしつけに便利

akoakoスリングの口コミで最も多いのが、「赤ちゃんがよく寝てくれるようになった」というものです。

その理由はママと密着でき温かみを感じられるから。

スリングタイプやラップタイプのものは同じような効果が得られるものも多くなります。

ラップ
購入を悩んでいる人必見。ラップタイプ抱っこ紐のメリット、デメリットラップタイプの抱っこ紐に興味があるけど、「メリットやデメリットが気になる」「試着は可能?」「どこで購入できるの?」などの情報をまとめました。ラップタイプの抱っこ紐に興味ある人必見。一度上手に使いこなせると、その使いやすさと魅力から愛用者になる人もいるラップタイプの抱っこ紐についてお伝えします。...

ただラップタイプのものよりもakoakoのようなスリングタイプのものは寝てしまった後にそのままそっとベッドに赤ちゃんを置きやすいというメリットがあります。

港区ママ
港区ママ
ラップタイプだと完全に抱っこ紐から出さないとベッドに寝させられないけど、スリングはママの手を抜けばスリングごとベットに寝かせられるから便利。

前抱き抱っこOK

赤ちゃんの好奇心がでてきたら、してあげたいのが前抱き抱っこ。

ただ、実は多くのスリングでは前抱き抱っこは推奨していません。

一方akoakoスリングは前抱きもOKとされています。

港区ママ
港区ママ
うちの子は前向き抱っこが大好き。わたしはスリング好きなので1歳過ぎてから動物園などで前抱き抱っこしています。

サポートがしっかりしている

AKOAKOスリングを作っているのは日本の会社。

購入時のサイズに悩んだり、使い方に悩んだ場合サポートをしてもらうことができます。

ちょっとしたおでかけに便利

上の子の幼稚園や保育園の送迎、お買い物など、ちょっとしたお出かけの時にさっと抱っこできるため便利という口コミもありました。

また公共交通機関を使う時に寝ていてほしいという場合に使うという口コミもありました!

持ち運びがコンパクト

akoakoスリングはたためば手のひらサイズ、重さは約200グラムと大変コンパクト。

ベビーカーと併用する場合も持ち運び楽ちんです。

また軽量なので非常用などでも役立ちます!

akoako

デメリット

一番多い口コミが、赤ちゃんを正しく入れるのが難しいというもの。

港区ママ
港区ママ
akoakoに限らずスリング系は慣れないと難しいです。また自分で正しい位置なのか判断するのも難しいです。

わたしも2人育児をして様々な抱っこ紐にトライしてきたからこそ、スリングもラップも使えるようになりましたが、一人目の場合、抱っこのコツをつかむのは難しいかもしれません。(これはかなり個人差が大きいです。)

赤ちゃんの入れ方が難しい

akoakoのスリングの一番のデメリットが、赤ちゃんを入れるのが難しいということ。

間違った入れ方をすると、赤ちゃんにとっての負担も大きくなります。

新生児期はふにゃふにゃなので、正直思ったより難しいことも。何度か練習しているうちにうまくなる人もいます。

一方、二人目以降で抱っこの経験がある人にとってはコツをつかみやすいかと思います。

ただ、もし新生児の時期に使えなくても大丈夫。首がしっかりしてきたら使うのも一つの方法です。

港区ママ
港区ママ
新生児の時期使うことがなくても、首が座ったら使い勝手がよいということも。

体形によりサイズが違う

akoakoの抱っこ紐は体形によりサイズが違います。

そのため一番のデメリットはパパと一本で共用できないという点です。

港区ママ
港区ママ
わたしは、身長159㎝、体重50キロぐらいですが、XS-Sでちょうどよかったです。

ただ大き目を買ってしまった場合、手縫いで少し縫い上げることによって調整は可能です。(ただ面倒ですが、、、)

尚、大き目よりも少し小さく感じるものの方が密着感があり、肩や腰への負担が楽になります。

もし心配なら購入前にakoakoのサポートに連絡をすれば丁寧に説明してくれます。

思ったより肩に負担がくる

赤ちゃんの体重にもよりますが、akoakoの抱っこ紐は、肩部分にパッドなどが入っていないため、赤ちゃんが大きくなると肩に負担を感じるという口コミもあります。

akoakoでは15キロ(3歳)ぐらいまで使えるとありますが、大きくなると肩にかなり重さを感じます。

大きくなった場合、スリングの場合、肩にパッドが入っているタイプのものがおすすめです。

Gooseket
【グスケット(GOOSEKET)】メリット・デメリットは?口コミで人気急上昇の理由はこれだ!話題のグスケット(GOOSEKET)の抱っこ紐ってどうなの?使いやすい?つくりはしっかりしているの?購入方法は?など、購入に悩んでいる方に向けて、グスケットANAYOサポートバッグを使った感想をお伝えします!ほかのスリングタイプとの抱っこ紐との比較もしています。...
キュットミー!
「キュットミー!」はどんな抱っこ紐?使い方や生地の選び方について!スリングタイプの抱っこ紐は難しと思っていませんか?北極しろくま堂のリングスリング「キュットミー!」は初心者でも簡単に抱っこできることで有名なスリング。様々な色も販売されており、口コミでも高評価を得ています。産院などでおすすめされたから使い始めたというママも。長く使えるためセカンド抱っこ紐としてもおすすめです。...

まとめ

akoakoのスリングは、赤ちゃんの寝かしつけに関して高評価。

一方、正しく抱っこするのが難しいというデメリットもあります。

そのため、正しく抱っこできれば、赤ちゃんがすやすや寝てくれて高評価となりますが、抱っこできないと、使い物にならないということになります。

港区ママ
港区ママ
新生児抱っこに慣れていないという人は、寝かしつけにスリングよりもポグネーやコニーなどのラップタイプの方が使いやすいかと思います。

また長時間抱っこや肩こりや腰痛などに悩んでいるママ、パパには、負荷分散にすぐれたボバラップもおすすめです。

ボバラップ
ボバラップの口コミ・評判は?メリット・デメリット徹底検証しましたラップタイプの抱っこ紐の中で人気の「ボバラップ」。ボバラップは、一枚の伸縮性のある一枚布の抱っこ紐で、慣れるまで少し難しい一方、慣れてしまえば使いやすいと、口コミでも評判の抱っこ紐です。このブログでは、ボバラップを実際使った体験や口コミなどを中心にボバラップのメリット、デメリットをレビューします。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です