グッズ

「キュットミー!」はどんな抱っこ紐?使い方や生地の選び方について!

キュットミー!

北極しろくま堂が販売しているリングスリング「キュットミー!」。

「スリング試してみたいけどなんだか難しそう」
「一度買ってみたけどうまく抱っこできない」
「片側の肩に負担がかかって疲れそう」

子育てママさんの中にはスリング興味あるけど、「店舗で取り扱いが少ない」「売っていても説明できる人がいない、おすすめしてくれない」などの理由で、エルゴなどのメジャー抱っこ紐を結局購入してしまう人が多いのではないでしょうか。

そのため抱っこ紐売り場にずらーっと並んだ片隅に、スリングがちょろちょろ置かれているなんていうこともざら。

港区ママ
港区ママ
赤ちゃん用品のお店にいっても、残念ながらスリングの知識のある店員さんはほぼいません。自分で試してみてください~みたいな感じでおかれています。

わたしも「キュットミー!」というスリングに出会うまで、「使いにくそう」という理由からスリングは使ってみたいと思いませんでした。

しかし、抱っこ紐の使い方向上のため参加した「抱っこ紐講座」で「スリング」「へこおび」などを紹介してもらい、その魅力を知ることとなりました。

「キュットミー!」は比較的簡単に装着できるリングスリングタイプのため、初心者の人でも簡単に抱っこできるんです。

今回はここでリングスリングの代表格「キュットミー!」の魅力についてお伝えしたいと思います!

リングスリング「キュットミー!」の特徴

北極しろくま堂の「キュットミー!」とは

北極しろくま堂が開発製造しているリングスリング「キュットミー!」。

スリングといえば、「ベッタのキャリーミー!」が有名。しかし、このブログでも試着体験をお伝えしたのですが、「キャリーミー!」は肩の調整がファスナータイプで厚手の生地のため、細かい調整が苦手です。

そのため、ママやパパの体に赤ちゃんが密着できる体勢をとることができません。そんな理由から赤ちゃんが大きくなってくると、ママやパパの体の負担が大きくなってきます。

一方、北極しろくま堂のリングスリング「キュットミー!」は、リングスリングとわざわざ書いているように、肩の部分をリングで調整するタイプ。そのため、パパやママの身体にぴったりあわせることができ、赤ちゃんとの密着度が高まるので抱っこ時の負担を和らげることができるのです。

スリング

対象年齢

新生児(生後2週間目)から16キロ(約3歳)まで長く使えます。

尚、新生児でも横抱きではなく立て抱きの抱き方が推奨されています!

港区ママ
港区ママ
横抱きはスリングの中で寝かせるような抱っこの仕方。簡単そうにみえるけど、股関節脱臼を防ぐM字開脚にしにくかったり、赤ちゃんが埋もれてしまう可能性もあるから、あまり推奨されていないんだ。

「キュットミー!」の選び方や使い方について

「キュットミー!」を販売している店舗はそれほど多くありません。そのため、選び方や使い方が分からないという場合も。そこで、選び方と使い方についてお伝えします。

「キュットミー!」を種類で選ぶ

現在販売中の「キュットミー!」は以下3種類。その3種類の違いについてまとめました。

キュット ミー!肩パッド、両端の中綿入り。中綿があるため赤ちゃんが小さいうちは、頭を支えたり、紐の脚へのあたりを和らげる。中綿は取り外し可。赤ちゃんが小さいうちから使用する場合はこちらがおすすめ。
キュット ミー!823肩パットのみで中綿なし。コンパクトにたためる。
キュット ミー!シンプル肩パッド、中綿なし。

わたしは、子どもがすでに1歳過ぎていたため「キュットミー!」と「キュットミー!シンプル」を試しましたが、肩パッドはあった方が肩へのあたりが楽に感じます。

ただ男性ならなくても良いかもしれませんね!

中綿は本当に赤ちゃんが小さい時にはあった方がよいというものですが、中には取り出した方が使いやすいと取り出して使っている人も!

港区ママ
港区ママ
中綿は取り外しできるから、小さいうちからしようしたければ念のため「キュットミー!」を選ぶとよいでしょう!

生地で選ぶ

スリング選びの時には生地も重要。まとったときの雰囲気や取り扱いのしやすさが生地により異なります。

「キュットミー!」シリーズでは多くの生地は「しじら織」。他にも「ジャガード」や「綾織」など様々な種類がでています。

口コミではやはり定番の「しじら織」が使いやすいというものが多く見受けられます。しじら織は薄く丈夫で、浴衣や着物にも使われている生地です。また洗っても毛玉などができにくいため綺麗な状態を保つことができます。

港区ママ
港区ママ
軽くて薄手だからきゅっとしまる感じで使えるんだ!

またグラデーション生地は、どこをひっぱるかわかりやすいのでおすすめという口コミもありました!

キュットミーの使い方

キュットミーの使い方は練習はある程度必要ですが、へこおびやラップに比べれば簡単に装着でき、慣れてしまえば難しいものではありません。

また「キュットミー!」購入時にDVDがついてくるので、練習するのもよいでしょう。

基本的には新生児期から立て抱きが基本。新生児期は余ってたれた布を首元に挟み込むことによって首を支えるようにできます。

キュットミー!のメリット、デメリット

メリット

  • 軽いため持ち運びが簡単
  • 赤ちゃんに安心感を与えられる
  • さまざまな色があるため、色や生地の選択肢が多い

エルゴなどのキャリ―タイプのものより、持ち運びもしやすく、赤ちゃんとも密着度も強いため、使いやすいという評判も少なくありません。

デメリット

  • 抱っこになれるまで練習が必要
  • 人によっては肩への負担を感じる場合も
  • 案外かさばる
港区ママ
港区ママ
わたしは抱く位置によっては、腰骨に赤ちゃんのおしりがあたり痛いです。

片方の肩にスリングをかけるので、肩への負担と考えがちですが、どちらかいうと背中に重心がかかるような設計のキュットミー!。肩甲骨あたりが疲れるということもあるようです。

スリングは見た目が良いけど、ママの体への負担をもっと軽減したいなら、へこおびやラップの方がおすすめ。赤ちゃんとさらに密着するため、ママの身体と一体になるため、身体への負担がかなり軽減できます。

created by Rinker
へこおびJapan 北極しろくま堂
¥11,664
(2021/04/11 21:58:35時点 Amazon調べ-詳細)

またキュットミーのうち肩パッドがはいっているものや、中綿があるものは案外かさばります。

中綿をぬけばある程度の小さくまとめることができます。ただ、ふんわりしているので、袋などにいれないとかさばります。

キュットミー左がエルゴ、右がキュットミー(ユニクロのウルトラスリムの袋にぴったり収まる。)

コニー、スモルビと比較してどうなの?

このブログでも紹介している「コニー」や「スモルビ」など、ラップタイプでありながら使いやすさを追求した抱っこ紐と比べるとどうなの?という声があります。

簡単には比較できないのですが、大きな違いは

生地の伸縮性。

コニーや、スモルビの生地は赤ちゃんを出し入れしやすいため、伸縮性にすぐれた生地をつかっているため、伸びやすいのですが、「キュットミー!」は綿100%のしじら織で全く伸縮性はありません。

そのため赤ちゃんとママの密着度を肩のリングで調整しやすいという利点があります。

赤ちゃんが小さい頃は、多少は伸びてもかまいませんが、大きくなってくると、伸びる生地のためママへの負荷が増える可能性があります。

コニー抱っこ紐
【口コミ情報】コニーの抱っこ紐の使い心地は?実際に使って検証しましたコニー抱っこ紐は「赤ちゃんが良く寝る」「抱っこが楽になる」「おしゃれ」ということで、人気のラップタイプの抱っこ紐。手軽に持ち運びができるため、ベビーカーなどでのお出かけの際に、鞄に入れて持ちあえるけるのもメリットです。今回はコニーの抱っこ紐のメリット、デメリットから、実際に使った使用感、口コミなどをレポートします!...

キュットミー!はこんな人におすすめ!

ベッタの「キャリーミー!」のスリングは1歳ぐらいまでという口コミがおおかったのですが、「キュットミー!」はどちらかいうと1歳以降におすすめのスリング。

キャリーミー!
ベッタ スリング「キャリーミー!」の使い方は? 新生児から使えるの?!使用上の注意点とは?赤ちゃんがの横抱きができる、おしゃれで手軽な抱っこ紐として人気のあるスリング「ベッタ キャリーミー!」。スリングはその特性上横抱きができるので大変人気ですが使用上の注意点もあります。そこで今回ベッタのスリングキャリーミーのメリット、デメリットをまとめています。正しく抱っこできれば大変便利な抱っこ紐。ぜひお試しください。...

その理由は以下。

  • 軽い
  • 抱っこしたり、歩かせたりと抱っこ紐への出し入れが簡単
  • 密着度が調整できるのでママの身体への負担を最小限に抑えられる

「キュットミー!」はわたしも抱っこ紐講座でおすすめされたましたが、産院などで、助産師さんからお薦めされることも多い抱っこ紐。ぜひ一度試してみてくださいね!

抱っこ紐トラブル
抱っこ紐で赤ちゃん苦しそう?!そんな時は抱っこ紐講座がおすすめ!赤ちゃんのいる家庭の必需品「抱っこ紐」でも以外と正しい装着できている人って少ないようです。「赤ちゃん苦しそう」「腰肩が痛い」などと悩んでいる人にぜひおすすめしたいのが、「抱っこ紐講座」。実際に今回は参加してきましたが、本当に目からうろこの情報ばかり!間違った使い方をして体を痛める前に、ぜひ専門家に教えてもらいませんか?...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です