抱っこ紐

DaG(ダグ)のヒップシートってどうなの?口コミは?シリーズの違いについてもレビュー。

DaG1

抱っこ紐インストラクターの港区ママ(@minatokumama)です。

今回は折りたためるヒップシートとして人気のテラスベビーのDaG(ダグ)シリーズを紹介したいと思います。

港区ママ
港区ママ
ヒップシートって便利なんだけど、持ち運びが荷物になるんだよね。。。

テラスベビーのヒップシートの中でも人気なのが「DaG1(ダグワン)」

コンパクトに折りたためるため、カバンに入れて持ち歩くことができます。

ママにぴったりの機能ですね!

一方、「DaG3」ではショルダーバックとしての機能もあるので、パパでもピッタリ。

今回はテラスベビーのヒップシート「DaG」シリーズを紹介します。

DaG(ダグ)シリーズの特徴まとめ

  • DaG1、DaG1 Plus コンパクトにたためるので持ち運びたい人におすすめ
  • 新DaG3 ヒップシートに収納力が欲しい人向け
  • 旧DaGシリーズ 収納力抜群。安く購入できるが15キロまでの体重制限あり
  • 腰ベルトが痛いという口コミが多いのが気になるところ

ヒップシートを初めて買うという方は以下の記事も参考にしてくださいね。

ヒップシート
ヒップシートは何歳まで使える?腰痛持ちはやめた方がよいの?メリットデメリットをお伝えします。上手に使うと便利なヒップシート。最近ではヒップシートの種類も増えてお手頃で買える抱っこ紐も増えました。今回はヒップシートを使う年齢や、メリットデメリットをまとめました。ヒップシートの購入で悩んでいる方はぜひ参考にしてください。...

テラスベビーのヒップシートの特徴

テラスベビーのたためるヒップシートDaGは、仕様の違いに応じて以下のような種類があります。

DaGの最新のシリーズが以下です。

港区ママ
港区ママ
旧シリーズと少し違うので購入の際気を付けてくださいね!

下のリンクが新しい商品のリンクになっています。

DaG1DaG1PlusDaG3
対象年齢新生児(横抱き補助)~48ヶ月頃首座り(4ヵ月)~48ヵ月頃ショルダー使用の場合(4ヵ月)~48ヵ月
体重20キロまで20キロまで20キロ
SGマークなし対象なし
シングルショルダーなしあり(収納型)着脱可能
胴回り60-110㎝60-110㎝60-110㎝
重さ420g580g670g

DaG1

コンパクトに折りたためるタイプの抱っこ紐。

ヒップシートの中には空洞にはなるけれども、収納スペースではないとのことなので注意が必要です。

港区ママ
港区ママ
子供を乗せた状態でヒップシートを開閉すると危険です!中にものをいれても使用中は取り出せないので注意しましょう!

たたむと以下のようにぺたんこに。

ヒップシート単品で購入したい方はDaG1です。ショルダーはついていないタイプなので、他の抱っこ紐と兼用する場合などにおすすめ。

港区ママ
港区ママ
カバンの中にいれて持ち運びたい人はDiG1がおすすめです!

DaG1 Plus

DaG1PlusはDaG1にシングルショルダーがついたものになります。シングルショルダーはポケットの中にしまえるようになっています。

DaG1 PlusはSGマーク適応商品になっています。

まだまだ抱っこの時間が長い1歳代の場合は、ショルダー付きの方がおすすめ。寝てしまったときなどにも両手が比較的自由になります。

DaG3

ショルダーバックになるタイプです。シングルショルダーは取り外しが可能。

物入れとしての機能もあるので、ヒップシートを収納として使いたい人はDaG3がおすすめ。

チャックの金具も高級感あるつくりになっています。ショルダーバックとしても使えるようになっています。

港区ママ
港区ママ
ヒップシートって腰につけたままだと邪魔になります。DiG5は使わない時はショルダーバックとして使えるからパパにもおすすめです。

旧DaGシリーズとの違い

オンラインでは旧シリーズのDaGシリーズが販売されています。

新シリーズと名前とネーミングがほぼ一緒なので購入違いに注意しましょう。

港区ママ
港区ママ
わたしも最初違いが良くわからなかったよ。そのためまとめてみました!

DaG1、DaG3は新旧商品があるので購入時には注意を!

DaG1、DaG Plus、DaG3が新シリーズがでており、DaG5、DaG7は旧シリーズのものなります。

港区ママ
港区ママ
DaG1、DaG PlusはオンラインでNewとして販売されているよ。DaG3は見た目に違いがあります。体重の制限が15キロまでと使える期間が異なるので注意です。

旧バージョンはすでに生産終了しているものがほとんどですが、新しい商品の半分以下の値段で購入できるなど、かなりお買い得で購入できる場合があります。

ぜひチェックしてみてくださいね。

新DaG3と旧DaG3の違い

新DaG3・20キロまで
・ショルダー型
・1ポケット
・ショルダー付き
旧DaG3・15キロまで
・ウエストポーチ型
・2つポケット
・ショルダー無し

DaG5、DaG7は旧シリーズのみ

DaG5は、ファスナー付き収納が計3つあるタイプです。0.9L+1.6L+母子手帳サイズが入るポケットが1つついています。

DaG7はDaGシリーズ最大容量のものです。

バッグ容量は14Lになります。外側ポケット3つ。内ポケット3つ。ギャザー付きポケットと、ファスナー付きポケットも1つずつついています。

港区ママ
港区ママ
かばんとかわんないね!そのかわり大きいです。

DaGシリーズの口コミ、評判

DaGシリーズの口コミについてお伝えします。

気になる点としては、腰ベルトの食い込みや、痛みにつての口コミが多い点です。

港区ママ
港区ママ
子供の体重が大きくなってくると、きついという声が目立ちます。

20キロまで使えますが、ヒップシートの腰ベルトの痛みは個人差も大きいところ。

下の口コミを購入の参考にしてくださいね。

良い口コミ

  • 折りたたみでカバンに入るのが便利

座る部分は荷物は入りませんが、私の場合は使わない時は折りたたんでカバンに入れたかったので、このヒップシートは最適です!腰につけたままでもおしゃれなのであまり気になりません。

楽天口コミ

悪い口コミ

ウエストベルトに関して悪い口コミが目立ちます

  • ウエストベルトの長さがパパがすると短い
  • ヒップシート部分のあたりが痛い(子供が大きくなると特につらい)

かなりきつくウエストベルトを締めても下がってきてしまい、お腹に食い込みます。全体重が腰にくるので腰への負担は大きいですが、さっと抱っこができて手を自由に使えるようになるので便利です。

楽天口コミ

 

夫も一緒に使ってるのですが、夫はサイズがギリギリでした(^_^;)そんなに太ってるってわけではないですが、マジックテープがギリです。あとちなみに産後太りが戻らないわたしも、初めてつける時一瞬「えっ?やば。届かなかったらどうしよ…」ってハラハラしました。他を試してないから比べようがないですが、コンパクトにたためる分その辺り短めになってるんですかね?体型に自信の無い方はご確認を!

楽天口コミ

ヒップシートは腰のみで支えるため、腰ベルトの作りが大変重要です。

腰ベルトの機能性を求めるなら以下「ポルバン」のヒップシートも検討してみてくださいね。

ヒップシート
ヒップシートに悩んだらポルバンアドバンスがオススメ!口コミや旧型との違いもお伝えします。ポルバンのヒップシートはコスパ、使いやすさから大人気のヒップシート。日本の会社が日本向けに作っているので、日本人赤ちゃんの体格にもあいやすいと好評です。今回ポルバンアドバンス良さや、2種類あるショルダーの紹介をします。...

まとめ

持ち運びを重視したいなら、おりたたみができるDaG1、DaG1 Plus、収納性を求めるならDaG3、DaG5、DaG7がおすすめです。

特にヒップシートは折りたためるものが少ないため、DaG1シリーズは人気。

腰への負担軽減と、収納性を求めるなら、タッシュベビーのヒップシートもおすすめです。

TushBaby
【口コミでも話題に】タッシュベビー(TushBaby)のその驚くべき収納力とは⁈アメリカ生まれの人気抱っこ紐「TushBaby」。ヒップシートのみの抱っこ紐にも関わらず、大容量の収納で、この抱っこ紐一つで赤ちゃんのお...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。