抱っこ紐

ベビービョルンの抱っこ紐「ベビーキャリアMOVE」。MINIとの比較や口コミを掲載

ベビーキャリアMOVE

ベビービョルン(babybjorn)から新登場した、「ベビーキャリア MOVE」。

新生児から15ヶ月(身長53cm~、体重3.2~12kg)まで使用できます。ベビービョルンミニ(よMINI)の高機能バージョンの抱っこ紐になります。

ベビービョルンミニのユーザーから不評だった肩へ負荷を改良。ベビーキャリアMOVE腰ベルトとバックサポートが追加されママやパパなど抱っこする人の負担がかなり軽減されました。

ベビーキャリア MOVEは以下のような人にオススメ!

  • 初めての子どもで新生児の抱っこに自信がない
  • 新生児のころから抱っこ紐で外出する必要がある
  • 1歳過ぎぐらいまで抱っこできる抱っこ紐が欲しい
  • 肩への負担をできるだけ軽減させたい
港区ママ
港区ママ
バックサーポートがついて肩や腰への負担が軽減されているので、肩コリや背中の痛みなどに悩んでいる人にはMOVEがおすすめです。

MINIの良いところはそのままに、進化したベビーキャリアMOVEを紹介します。

ベビーキャリアMOVEの特徴

新発売のベビーキャリアMOVE。

MINIの改良版で、肩への負担が極力軽減されているのが特徴です。

肩を守るバックボーンサポート

ベビービョルンのベビーキャリアMOVEは、従来のベビーキャリアミニで大きな問題だった肩への負担を軽減してくれる作りになっているところ。

ベビービョルンMOVEベビービョルン公式HPより

 

パパやママの体格にあわせて調整可能で、肩にかかる赤ちゃんの体重を、バックボーンサポートで背中・腰に分散することが可能です。

新生児時期からの抱っこがしやすい作り

MINIの改良版ということで、もちろん首座り前の新生児時期からの抱っこも抱っこ紐になれないパパ、ママでも簡単にできるようになっています。

赤ちゃんの座るお尻の部分の調整でき、M字開脚でママに密着できるような機能もついています。

ベビーキャリアMOVEM字開脚をサポート

 

MINIについては以下を参考にしてくださいね!

ベビービョルンミニ
ベビービョルン ミニは使いやすさ抜群!新生児を抱っこするなら間違いなし!ベビービョルン(babybjorn)の新生児から1歳までに特化した抱っこ紐、ベビーキャリアMINI(ミニ)。 長く使えるタイプのエ...

ベビーキャリアMOVEのスペック

ベビーキャリア MOVE エアリーメッシュのスペックです。

対象月齢新生児から15ヶ月(身長53cm~、体重3.2~12kg)
総重量860g
本体ポリエステル100% Airメッシュ
ウエストサイズ適用ウエストサイズ55~120cm

ベビービョルンMINIとの比較

肩への負担軽減

機能で一番大きいのが肩への負担軽減。

背中全体と腰で支えるため、ベビービョルンミニより、本体は300g以上重くなっているけど、抱っこしてしまえば楽なのは断然ベビービョルンMOVEです。

MINIよりごつい

見た目は、MINIがスリムでコンパクトになるのに比べて、ごつくなります。

860gと総重量もMINIが約500gに比べると重くなるので持ち運びは少し重くなるでしょう。

ベビービョルンミニエアメッシュMINI
MOVE

ただ最上位モデルのONE KAIほどのごつさはありません。

価格が高い

MINIの綿100%のものであれば、8,250円(税込み)と1万円以下で購入できます。

一方MOVEは19,250円(税込み)と2倍以上。

確かに肩への負担は軽減されていますが、1歳半までしか使えないためコスパはそれほどよいとはいえません。

ベビービョルン ベビーキャリアMOVEの口コミ

ベビービョルンのMOVEの口コミは以下です。

多くの口コミで、高評価です!

https://twitter.com/7invtnlhjmEFr12/status/1191374885609598978

口コミでもMOVEにするかMINIにするか迷っているという声が聞かれました!

わたしもMINIを愛用していたけど、肩への負担が大きくて使えたのは8ヵ月ぐらいまで。

1歳まで使えるといってもその前に他の抱っこ紐へ買い替える人も少なくないようです。

まとめ

MOVEにするかMINIにするか迷う人は少なくありません。

そこで、わたしのおすすめの買い方は以下。

・大きめの赤ちゃんや、抱っこ紐でのお出かけ、長時間が頻繁な人⇒MOVE

・外出頻度、時間が少なめ、1歳以内に買い替えを考えている人⇒MINI

コスパも大事ですが、無理をしてママやパパの身体が痛くなってしまったら、日常生活にも影響が!できるだけ、自分の身体への負担が軽減できるものを購入することをおすすめします。

屋内での使用が多い人にはラップタイプの「コニー」や「スモルビ」もおすすめです。

コニー抱っこ紐
【コニーの抱っこ紐】は危険?購入前に知っておきたいメリットとデメリットはこれ!口コミを総まとめコニー抱っこ紐は「赤ちゃんが良く寝る」「抱っこが楽になる」「おしゃれ」ということで、人気のラップタイプの抱っこ紐。手軽に持ち運びができるため、ベビーカーなどでのお出かけの際に、鞄に入れて持ちあえるけるのもメリットです。今回はコニーの抱っこ紐のメリット、デメリットから、実際に使った使用感、口コミなどをレポートします!...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です