抱っこ紐

ヒップシート比較!【ミアミリー】【ポグネー】【ベビーアンドミー】有名ブランド抱っこ紐の違いをレポート。

【ミアミリー】【ポグネー】【ベビーアンドミー】

抱っこ紐大好き港区ママ(@minatokumama)です

人気ブランドヒップシートといえば、

  • ミアミリー
  • ポグネー
  • ベビーアンドミー

があげられます。

でもどれにしようか迷っちゃう方も少なくないのではないでしょうか?

港区ママ
港区ママ
この3種類について実際にお店で試したり、お話を聞かせていただきました。

その結果、各商品の特徴と、選ぶポイントを掲載しています。

どのブランドにしようか迷った方はぜひ参考にしてくださいね!

ちなみに、ラッキー工業のポルバンというヒップシートも人気ヒップシートの一つ。ぜひ以下の記事も参考にしてくださいね!

ポルバン
ポルバン(POLBAN)アドバンスのヒップシートがおすすめな理由。ベーシックとの違いや口コミから見るメリット、デメリットをお伝えします。ポルバンのヒップシートはコスパ、使いやすさから大人気のヒップシート。日本の会社が日本向けに作っているので、日本人赤ちゃんの体格にもぴったりとパパ、ママ大絶賛。今回はそんなポルバンのヒップシートのメリットデメリットをお伝えします。...

ブランドヒップシート特徴のまとめ

人気ヒップシート違いまとめ

「ミアミリー」「ポグネー」「ベビーアンドミー」の最新モデルについて基本機能を表にまとめました。

港区ママ
港区ママ
この3種類のヒップシートキャリアで悩んだら、まずは下の表をみてみて。基本的な違いを並べたよ!
ミアミリーポグネーベビーアンドミー   
製品名ヒップシートキャリア 日本モデルNO5 neo(ナンバーファイブ・ネオ)ONE-S(ワン・エス) ライト
ブランド国スイス韓国日本
値段(税込)28,600円24,300円22,500円
対象年齢生後4〜48ヶ月(20キロ)生後4〜36ヶ月(15キロ)生後4〜48ヶ月(20キロ)
新生児インサート使用で可インサート使用で可インサート使用で可
総重量820グラム830グラム720グラム
滑り止め(台座部分)中心部全体中心部
背あて部分開いて外れる開いて収納開いて収納可
腰ベルト着脱びりびり音がするファスナー部分があり静かに開けられるびりびり音がする
台座下収納あり台座があり収納不可台座があり収納不可
ベルト横収納有り有り少ない
台座大きさ3つの中ではコンパクト中間大きめ
その他・腰ベルトがコルセット仕様・プラスモデルを購入で通常の抱っこ紐と二通りの使い方が可能・ベルクモデルでは滑り止め全面など、機能が充実

試着した実感は?

【ミアミリー】【ポグネー】【ベビーアンドミー】3種類確かに違いはありますが、装着したつけ心地、抱っこした感じ、すべてにおいて機能的に大きな違いはありませんでした。

ポシェットがある、バックルの位置がとめやすいなどの違いは人により異なりますが、どれもそれほど大きな問題になるということはありません。

おすすめの商品は?

細かい仕様はそれぞれ異なりますが、まずは悩みにあった商品を選ぶのが一番!

  • ミアミリー
  • ポグネー
  • ベビーアンドミー

3種類のヒップシートで選ぶに悩んだら以下基準で選んでみましょう!

肩腰が痛い人はサポート力が大きいミアミリー

抱っこ紐で寝んねさせてあげたい人はポグネー

コスパを選ぶならベビーアンドミー

それでも悩む場合は、実際に店舗にいって試してみるのが一番。とはいえ、3つの抱っこ紐が揃っている店舗はありません。わたしも実際に試着するために店舗を3カ所まわりました。

ただ3種類とも試してみてわかったのは、

ヒップシートと肩ベルトを同時に使用すること肩や腰への負担は現在使っていエルゴより間違いなく軽減される

ということ。基本設計や品質にも問題ありません。

それでも迷ったら、台座の小さく、腰への負担が最も軽かった「ミアミリー」をお勧めします!

港区ママ
港区ママ
以前行った抱っこ紐講座で、ヒップシートを選ぶポイントとして台座が大きすぎると赤ちゃんの座った時、自然な形の抱っこにならないから小さいものをおすすめしますといわれたよ。

また、1歳過ぎた赤ちゃんなら、台座のみでも使用しやすいポルバンも選択肢の一つ。

ポルバンはコスパもよく、ショルダーもシングルタイプとダブるタイプから選べる点でおすすめです。

港区ママ
港区ママ
わたしは最終的にポルバンにしたよ!
ポルバン
ポルバン(POLBAN)アドバンスのヒップシートがおすすめな理由。ベーシックとの違いや口コミから見るメリット、デメリットをお伝えします。ポルバンのヒップシートはコスパ、使いやすさから大人気のヒップシート。日本の会社が日本向けに作っているので、日本人赤ちゃんの体格にもぴったりとパパ、ママ大絶賛。今回はそんなポルバンのヒップシートのメリットデメリットをお伝えします。...

腰痛持ちにミアミリー

腰痛持ちのスイスのママが開発しただけあって、とにかく腰痛持ちの人にはためしてもらいたいのがミアミリー。腰ベルトがコルセットのようになっているので、ミアミリーを使うだけで体が楽になるのは間違いなし!

港区ママ
港区ママ
わたしも腰、膝など育児で痛みがきています。そんな私に店員さんも迷わずミアミリーをおすすめしてくれました。確かにつけるだけで、腰がぴんとはり姿勢がきちんと保たれるようなイメージ。抱っこ紐=コルセットになります。


もっと詳しくミアミリーを知ることができるよ↓

ミアミリー【日本モデル】と【日本仕様】の違いは?お得に購入する方法も!ヒップシート型の抱っこ紐の人気商品、ミアミリー (miamily)ヒップスタープラス(ヒップシートキャリア)が新モデルが【日本モデル】と...

寝かしつけにはポグネー

赤ちゃんの寝かしつけに使いたければ、ファスナー使用でマジックテープがびりびりいわないポグネーがおすすめ。

通常しっかり固定するためにどのヒップシートも大きなマジックテープで腰を固定します。そのため外すとき大きな音がしますが、ポグネーではファスナーを使用することでびりびりという音がしない作りになっています。

抱っこ紐ベルトが付属しているタイプのナンバーファイブプラスを購入したら、2人お子さんがいる家庭なら、上の子はヒップシート、下の子は抱っこ紐という感じで1台二役になるのも特徴です。

ただし3つのヒップシート型抱っこ紐の中で3歳までと対象年齢が最も低いのに注意してくださいね!

港区ママ
港区ママ
ベビーアンドミーの上位モデルベルクでもオプションパーツを購入したら1台二役の使い方ができるけど、BELKが2,7500円で、オプションパーツが9,900円(税込み)。ポグネーのナンバーファイブプラスなら全部で29,510円だから比較するとお値打ち!
POGNAE ポグネー ヒップシートキャリア NO5neo(ナンバーファイブネオ)【日本正規取扱店】【送料無料】【SG認証】【即納可】/PG-NO5NEO

コスパ重視のベビーアンドミー

ベビーアンドミーはコスパ重視の人におすすめ。

上位モデルではベルク(BELK)は腰ベルと部分を切り替えることによって新生児期からインサートなしで使用できますが、4ヵ月以降から使うのならコスパのよいワンエスシリーズ(ONE-S)がおすすめ。

ライトモデルは720グラムと重さは3種類のヒップシートの中で最も安く、撥水加工もされているので汚れも簡単におちます。

ただデメリットとして、全体のボリューミー感。3種類の中では、台座が大き目なので、装着した時最もごつく感じられます。

港区ママ
港区ママ
試してみても、肩腰もすごく楽。値段を考えるとミアミリーやポグネーより断然お得だし、機能としても問題なし。ただ台座が大きいので見た目が気になる人は注意です。

ベビーアンドミーをもっと知りたい人は↓

ベビーアンドミーのヒップシートは腰が痛い?実際の使用感や口コミをレビュー。ベビーアンドミーのヒップシートのベルクとワンエス。ヒップシートは大変楽ちんで腰痛もちの人からも使いやすいと評判です。今回は、ベルクとワンエスの違いや、ベビーアンドミーのヒップシートの特徴についてお伝えします。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。