ワーママ

ワーママ疲れた。。もう限界。会社を退職したいママに知ってほしいこと。

ワーママ 辛いよ 退職したい
港区ママ
港区ママ
子育と会社通いの両立がうまくできず、会社を退職しました!

上の子が産まれて保育園が決まり、4月から働き出したものの、数カ月。

実際に仕事に戻っても、今まで通り仕事をこなすことができなくなっていました。

理由は、

1、寝不足のためか頭が回らない日が多くなった
2、子供の病気で休むことが多い

パパは、ほぼ海外出張で不在。そんな中、時短で働きだしたものの、仕事が終わらずに周りに迷惑がかかるように。

周りからの圧力も感じはじめ、もう限界だ。。。となり退職を決意しました。

しかし、退職をしていざ問題になってきたのが「保育園」「お金」のこと。そして何より辛かったのは「本当は自分が仕事が好き」という気持ちの中で、仕事がなくなった焦り。

「今、退職したい」と思うママに少しでも参考になればと、「退職~その後」についての経験をお伝えしたいと思います。

ワーママに疲れた退職

ワーママに疲れた退職したい!!

わたしも育児と仕事の両立は本当に容易ではないということは、子供を産んではじめてわかりました。

職場復帰しても子供は熱を出すと急に帰らなくてはならず、お客さんや他の同僚に迷惑かけっぱなし。時短勤務によって給料は激減。福利厚生がきちんとしている企業ならまだしも、子育てに理解のない上司がいる会社も少なくありません。

でもワーママに疲れたからといってその場の感情によって退職してしまうと、あとで後悔することになりかねません。わたしも育児と会社の両立が難しく会社勤めをやめましたが、辞めた後で将来に不安になることも。また収入に影響するため夫婦仲に亀裂が入る場合だってあります。

港区ママ
港区ママ
わたしはある日、「プツリ」と切れて退職を決意したため、それを理解ができなかった夫とはその後険悪に。。

できればその場の「感情」で「退職」だけは避けた方が良いです。

後悔しない退職をするために

ワーママに疲れて退職したいと思っても、感情的に退職するのはおすすめでないとお話ししました。では後悔しない退職をするためにはどうしたらよいのでしょうか。そこでおすすめなのが、あたりまえだけど「夫婦で話し合う」ことと、「転職活動をしてみるです。また「子供への影響」も考慮しましょう。

夫婦でじっくり話し合う

ママが退職し、無収入になると、家計にかなりひびきます。

「いやいや私給料安いから」と思っても、たとえ月10万円の収入でもダウンはかなりのインパクトです。

子育てにはお金がかかります。中学、高校と子供が成長するにつれ、塾代や食費がさらにかかるようになってきます。

旦那さんが病気になった場合はどうするのか、家の購入やローンはどうするのかなどなど、夫婦でじっくり話し合う必要があるでしょう。また子供が少し大きくなったら働きたいのか、もしくはそのまま専業主婦になるのかも含めて考える話し合うことも大切です。

月の収入が減るとどうしてもいままで贅沢にしていた分だけ、家計を切り詰める必要がでてきます。それが旦那さんに負担になる場合もでてきます。

しっかりパパと話し合わず勝手に仕事を退職してしまうと、あとから「こんなつもりじゃなかった」となり夫婦中に亀裂が入る可能性もあります。

退職したいと思ったら転職活動をしてみる

退職する前に、有給があるならぜひその時間を活用して一度転職活動をすることをおすすめします。特に高齢出産の人、正社員で働いている人は本当に退職するのが良いのか、よく考えるためにも転職活動をしてみてください。

その理由は「自分が再度仕事をしたい時に、今と同じ条件の仕事につけるのか。」という現実を知っておくということ。実際今転職しなさいというわけではありません。今の環境が給料や待遇の面で恵まれているかどうかということを客観的に知るためです。

私自身も退職後、職安に通いました。その時わかったのが、子供がいる上で条件のいい仕事を見つけるのは容易ではないということです。

・正社員は難しくほぼ非正規
・オフィスワークは人気なのでより難しい
・職種がサービス業など限られる
・給与が正社員で働いてきたときよりかなり下がる。
・やりたい仕事が選べない

これまで、わたしもかなり頑張ってキャリアを築いてきたつもりでした。そのため、30代前半までは転職はステップアップのためのものだと思っていました。しかし高齢で子供ができた場合はがらりと条件が異なります…

もちろん、20代で出産した方であれば子供の手が離れて30代で正社員で仕事を探すことも比較的可能でしょう。しかし、高齢出産、アラフォーで出産し子供の手が離れるころには40代後半。40代後半になってから、数年のブランクを経て条件のよい仕事を見つけるのはさらに容易ではありません。

もし今いる会社の条件や待遇が悪くないのであれば、家事代行サービスやベビーシッターなどの外部サービスにお金をかけて仕事を続けた方が、結果的に家計にも優しく、ワーママとしてのキャリアを築ける可能性が高いのです。

退職を冷静に考えるために、転職活動をしてみて自分の価値、将来の自分の価値のことを知ることをおすすめします。

港区ママ
港区ママ
会社を辞めてから、転職活動をはじめて、その条件を見てものすごくショックでした。そりゃそうですよね。。アラフォー、乳幼児2人を高給、正社員で雇ってくれる会社は簡単にありません。

子供への影響を考える

子供が認可保育園に通っている場合は、退職したら通常退園しなくてはなりません。すでに通いなれた保育園には大好きな先生やお友達もいます。生活リズムもまた変わるなど子供への影響を最小限に考えてあげる必要があります。

また3歳以上のお子さんなら幼稚園に転園という方法なども考える必要があります。尚、退職後も転職活動中という証明が出せれば、自治体によって数カ月は保育園に在園することが可能です。突然退園となると親子ともども大変なので、職安に通うことも視野にいれましょう。

港区ママ
港区ママ
会社理由か自己理由かによるけれども、雇用保険に加入していた期間によっては失業保険ももらえるよ。きちんと申請したほうが良いです。

なんとか退職を回避したいと思う人は

「退職したい、でもなんとか踏ん張りたい!」

と思ったら、もし物理的な辛さなら、育児をお金で解決するのも一つの方法です。

退職してしまったら、収入は0になってしまいます。でも、働いていれば多少家事や育児で出費をしても0ではありません。

多少いい家電などをそろえて、家事を楽にするのも一つの方法です!

以下サイトでおすすめのグッズや家電をまとめています。家電やグッズなどの併用でこんなにも家事が楽になるのです。

ワンオペ育児中のママ必見!1日1時間の自由時間を作る方法。ワンオペ育児にかかる時間を可視化し、ワンオペ育児中のママが1日1時間の余裕をつくるためにはどうしたらよいか考えました。そこで一番おすすめ...

「子育て>仕事」という選択肢をしたい人へおすすめの方法

「今の仕事がハードすぎて、子供と触れ合いたくてもその時間がない。」

「家族優先の上、ワーママを継続したい!」

「空いている時間に仕事ができれば。」

「自分のお小遣いだけでも稼ぎたい。」

「子供を保育園に行かせてあげたい。」などなど

どうしても仕事を退職したければ、

その場合、フリーランスになることも考えてもよいでしょう。フリーランスであれば、在宅や自分のペースで仕事を行うことができます。

港区ママ
港区ママ
時短、正社員、アラフォー、呼び出されたら帰れる、なんていう都合の良い仕事は正直ありませんでした。。。。でも働きたい。という理由で正直フリーランスという道しかなかったともいえます。

現在わたしはフリーランス2年目。子供を保育園に預けながら在宅or外で仕事をしています。仕事場所は基本的に選ばないので、夫が長期出張でいないときは、実家に帰省して仕事をすることも可能です。確かに自由度は高いため、仕事をしたい人にはおすすめです。

「フリーランスになるのに資格はいるの?」

いいえ、特にいりません。単発の仕事を自分でとってこればいいだけです!!

そんな自分で仕事をとってくるなんてできないよ~

もしこういう方がいても、今はインターネット上で自分の好きな好みの仕事があれば応募をして簡単に仕事をとってくることができます。特技がない人でも大丈夫。

そんな方におすすめしたいのが「クラウドワークス」や「ランサーズ」。登録は簡単にでき、プロフィールを登録すると仕事の依頼のスカウトがきたり、興味ある仕事に応募することができます。単価や仕事内容もわかりやすく、なによりも間に会社がはいってくれているので未払いなどの心配がありません。

港区ママ
港区ママ
わたしはライターの仕事がしたかったから、とりあえずクラウドワークスとランサーズ二つに登録しました。経験にあったスカウトメールもすぐ来るようになりましたよ。

フリーランスで仕事を始めたいという時にはかならず活用したいサイトです!

退職は本当によく考えて!!

会社勤めのワーママが大変なのは経験者なのですごくわかります!!

「会社辞めて子供との時間を増やしてあげたい。」

「自分の仕事のために、子供に寂しい思いをさせたくない。」

わたしも結果として「フリーランス」という選択をしました。確かに家にPC一台あれば仕事を受注できます。でも正直「いばら」の道です。「収入は安定していない」し、「社会保障」はありません。だからローンを組むのも難しいです。

場合によってはフリーランスの仕事の収入は、スーパーのパートの方がましな時もあります。

会社に勤めていると妊娠した際も産休がとれますが、フリーランスはその間の収入保障はありません。出産後も働かなくては収入がないのです。

子供が小さいうちの育児と仕事の両立は大変です。でも子供が小学生になればかなり手が空くようになってきます。たった数年のことです。ぜひその間、外部サービスなどを上手に利用して乗り切れる方法がないか工夫してみください。

それでも、という場合は「フリーランス」という道もおすすめします。

フリーランスに興味ある方は、「在宅ワーク」の収入についての記事も参考にしてくださいね。

在宅ワークに興味がある子育て中のママ必見!本当に稼げるの?在宅ワークって稼げるの?在宅ワークに興味ある子育てのママ向けに在宅ワークのメリットや在宅ワークの報酬などについて記事にしました。子育てし...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です