グッズ

知っておきたい【イージーS2】はどんなベビーカー?従来品との比較も。

サイベックスイージーS2

ベビーカーを調べているうちに、すっかりサイベックスの魅力にはまってしまった港区ママです。

港区ママ
港区ママ
サイベックスのベビーカーは、そのスタイリッシュさや走行性、コンパクト、高級感といった魅力がいっぱい。

今回は、サイベックスから新発売された「イージーS2」と「イージーS B2」の違いや、従来品イージSからの進化した点などを調査、比較しました!

これを読めばきっとサイベックスのベビーカーが欲しくなりますよ!

イージーSシリーズとは?

イージーS シリーズは日本を知り尽くしたブランドとして有名なドイツのサイベックスから発売されたコンパクトベビーカー。

地下鉄の改札も楽々通れるほどコンパクトな設計にもかかわらず、軽量で、でこぼこ道や道路の段差もすいすい走行できます。また簡単に3つ折りにたたむことができ保管場所に困ることがありません。新幹線や飛行機などでの移動にも最適です。

イージーS2(EEZY S2)

イージーS シリーズは見た目もおしゃれなうえ、日本の住環境と育児スタイルにマッチしたベビーカーといえるでしょう!

サイベックスから軽量の最新モデル「MELIO」が発売!!詳しく知りたい方はコチラの記事へ↓

MELIO
【MELIO】サイベックスから超軽量ベビーカー誕生。おすすめポイントを解説。総重量なんと5.8キロ。コンパクトベビーカーを探している人は必見、MELIOを徹底解析します。MELIOなら新生児からでもセカンドとして...

イージSシリーズの簡単比較表

従来品の「イージーS」「イージーS2」「イージーS B2」の違いは以下。

イージーS
(EEZY S)
イージーS2
(EEZY S2)
イージーS B2
(EEZY S B2)
本体重量5.9キロ7.3キロ7.3キロ
サイズ
(展開)
幅45×奥行80.5×高さ103幅45×奥行80.5×高さ103
サイズ
(折り畳み)
幅45×奥行25×高さ53幅45×奥行350×高さ59
対象月齢6ヶ月~4歳頃
(17キロまで)
1ヶ月~4歳頃
(22キロまで)
6ヶ月~4歳頃
(22キロまで)
発売時期2018年3月2020年1月2020年1月
リクライニング角度
125°〜150°
121°〜160°121°〜136°
シート内側幅30cm30cm30cm
バンパーバーオプション(¥7,480)付属付属
参考価格¥36,000
¥44,000
¥36,000
シート向き背面式背面式背面式

従来品のイージーSに比べてイージーS2以降は7.3キロとかなり重量がおもくなっています。

イージーS2の最大の特徴は、生後1ヶ月から使用できるという点です。(ただし対面式にはできません。)

また4歳までと長く使えることで子供が大きくなってからも買い替える必要がありません!!

新生児期から使えるベビーカーの多くは3歳までの利用がメインとなります。しかし、公共交通機関や歩きがメインの人、車に乗らない人は、3歳以降もベビーカーを利用する機会は少なくありません。また二人目が誕生すると、上の子をベビーカーに乗せた方が移動が楽だったりします。

その点、イージーS2(新生児から4歳までと)は長く使えるベビーカーとして大変重宝すること間違いありません。

イージーS(旧モデル) とイージーS2(新モデル)の違い

旧モデルのイージSから後続の新モデルイージーS2で進化した部分

・バンパーバーが標準装備(つけたままでそのまま折り畳み可)
・リクライニングが片手で調整
・レッグレストの標準装備
・メッシュウィンドウはフラップ開閉
・耐荷重 22キロ

イージーSのバンパーバーはもともと別売りで7,480円しました。イージーS2では標準装備ということで大変お得感があります。

またイージーSのリクライニングの調整は固く両手でも大変でした。その点はかなり改良されています。

耐荷重は22キロとなり、4歳児の平均体重が16キロぐらいなのでイージーSの時はぎりぎりでしたが、22キロとなり大きめのお子さんでも問題なく乗れるようになりました。

イージーS2(新モデル)とイージーS B2(新モデル日本限定版)の違い

イージーS B2は日本限定特別モデルです。

「イージーS2」と「イージーS B2」の違いは、リクライニングにできる角度の差です。

イージーS2は生後1ヶ月から使用できますが、イージーS B2は生後6ヶ月からの使用となります。そのため、価格はイージーS B2の方が若干安くなります。

港区ママ
港区ママ
セカンドベビーカーとしてと考えるのであればイージーS B2で十分ですよ!ちなみに外観はほぼ一緒です。

リクライニング角度

・イージーS2  →121°〜160° →生後1カ月から使用可能
・イージーS B2 →121°〜136° →生後6ヶ月から使用可能

どこで試乗できるの?取り扱い店舗を紹介

ベビーカーは購入する前に一度子供を実際に乗せたり、折りたたんでみたり、重さなども体感することが大事です。

そこでイージーSシリーズはどこで試乗、お試しができるでしょうか?

→赤ちゃん本舗や、ベビザらス、百貨店などで取り扱いがあります!

しかし取扱店でも注意が必要です。取扱店でサイベックスのシリーズの見本が必ずあるわけではありません。実物がなかったり、色はカタログでしか確認できなかったり、取り寄せだったりということがあります。店員さんがあまり詳しくない場合もあります。

そこで、2020年2月表参道に、サイベックスの日本初フラッグシップストアCYBEX 表参道がオープンしました。もし、サイベックスのベビーカー等を検討するのであれば、ぜひ訪れてみるといいでしょう。

ただ、都内に住んでいなければ訪れるのも大変なことも。その場合は、サイベックスの正規代理店であるblossom39がおすすめです。子供用品インポートの専門店「代官山店 西武渋谷店、東武池袋店、HINKA RINKA銀座店、みなとみらい店、ららぽーと横浜店、そごう横浜店、大丸神戸店、大丸梅田店、大丸福岡天神店、松坂屋名古屋店、大丸札幌店」と全国に直営店があります。

blossom39をおすすめするのはインポート用品をたくさん取り扱っているので、店員さんがサイベックスなどの輸入商品に関して詳しいことです。関連パーツについても取り扱いがあります。(例えばベビザらスではパーツの取り扱いがありませんでした。)

他にも輸入ベビーカーを取り扱うダッドウェイなどもおすすめです。

イージーS2、イージーS B2は設計、価格ともバランスのとれた商品!

イージーS2、イージーS B2はそのコンパクト設計、使える年齢が長い、走行性、価格とも大変バランスのとれた注目の最新ベビーカーです!

一方デメリットとして、イージーSに比べて機能性を充実させた分だけ総重量が7.3キロと重くなりました。実際片手で持つとかなり重く感じます。

イージーS2、イージーS B2はこんな方におすすめのベビーカーとなります。

・セカンドベビーカーとして
・ベビーカーを置くスペースが小さい
・新生児(イージーS2)から長く利用したい
・新幹線や飛行機などでの移動が多い
・ベビーカーで外出することが多い

尚、より軽いイージーSは廃盤のため、現在特価になっています!軽量のため持ち運びが多い方にはおすすめです。在庫ある限りなのでお早めに!

イージーSについては以下ブログも参考になります!

ベビーカー
廃盤?人気サイベックス イージーSが手に入るラストチャンス!セカンドベビーカーとして大人気のサイベックス イージーS。後続品のイージーS2とイージーS B2が販売開始のため、イージーSは廃盤となり...

気になるイージーS B2の口コミを集めました

イージーS2 やイージーSB2の口コミを集めました。サイベックス最新モデルのベビーカーのため、まだユーザーも少なく口コミはまだまだ多くありません。ぜひ貴重な口コミ情報を参考にしてください。

使用していたPigeonのランフィリノン2(AB型)に比べて、1キロほど重いですが、安定感が増し、段差もよりスムーズになりました。持ち運ぶ際も、コンパクトなフォルムや持ち手の持ちやすさによって、以前より持ちやすく感じます。他社のイングリッシーナやyoyoも候補で比較して購入を決めました。

・荷物入れが変わらず5キロまで入れられる
・日差し避けがある程度大きい
・バンパー付き
・コンパクトに畳める
・走行性の高さ(発売時に試したこと有り)
・スタイリッシュなデザイン

楽天口コミ(イージーS B2)より

段差のスムーズさや、安定感、コンパクト差が購入の決め手となっています!他の口コミにもありますが、走行性の良さはイージーSシリーズのポイントとなっています!

とても使い易そうです。類似のモデルとしてはyo-yoがあり、もっと軽量ですが、折り畳み~戻しの操作はこちらのcybexのモデルの方が簡単であり、総合的にはこちらを選んでよかったです。また、シェードが非常に大きく、しっかりカバー出来る点も◯です。

楽天口コミ(イージーS B2)より

イージーSシリーズはyo-yoと比較的デザインや走行性などが似ている点で購入する際迷う人も多いのではないでしょうか。わたしもそうでした。この方もおっしゃっている通り、折り畳み-戻しの操作はイージーSは片手でも容易でできるためかなりポイントが高くなります。

シェードの大きさもイージS B2のポイントになっています。口コミでもシェードの大きさで評価が高くなっていました。

程良い重みがあるため安定感は抜群、走行はスムーズで回りやすく、折り畳みも簡単です。

楽天口コミ(イージーS B2)より

イージーS B2になり重みが増しましたが、その分走行時の安定感も増しています。

ベビーカーが軽いのでまだ小さい2ヶ月の子をのせて(5キロくらい)持ち手に軽目の荷物をかけたらひっくり返りそうになりました。必ず下に荷物をいれてます。まだ2ヶ月なのでシートほぼフラットの状態で使っていると荷物は出し入れしにくいです。一番立てた状態にしたときにシートがもたつく。上の子の時にCombiのAB型ベビーカー2台使っていたがそれに比べると折り畳みはしにくいが押しやすい。シートの高さは低くはないくらいなので真夏は他のハイシートのものを使うと思う。段差は引っ掛かるが苦になるほどではない。総合的には使いやすい良いベビーカー。

楽天口コミ(イージーS2)より

持ち手に荷物をかけるとひっくり返りそうになるというのは、イージーSシリーズのデメリットです。特に赤ちゃんだと軽いため全体の重さが足りず、荷物をかけることで重心が後ろになりひっくり返りやすくなります。

イージーS2は生後1ヶ月から乗れますが、シートの高さが低いため、地面からの輻射熱も強く、真夏は小さな赤ちゃんには少しきついかもしれません。

まとめ

イージーS、イージーS2、イージーS B2ともセカンドベビーカーとしてコスパ重視の人には大変おすすめ。実際、セカンドとして購入している人も多いです!

イージーS(旧モデル)とにかく軽いのがいい人、走行性もよく、コスパ重視ならこれ!セカンドとして。
イージーS2(新モデル)コスパ+新生児期から乗せたいならこれ!
イージーS B2(新モデル+日本限定版)在庫があればイージーSでもいいかも。多少重くてもかまわず、機能性重視であればこちらでも。セカンドとして。

イージーS2と比較検討が多いのがベビーゼンYOYO。わたしも実際どちらか悩みました!ぜひ以下記事も参考にしてください。

YOYO2
【BABYZEN YOYO2】こんな人におすすめ。メリットとデメリットを解説。2020年3月に改良版が発売されてさらに押しやすくなったBABYZEN YOYO2。リニューアルにより耐荷重も増えたため従来品では3歳ま...

セカンドベビーカー、「走行性」「軽量」「コスパ」を求めるならピジョンの「ビングル」もおすすめ!2万円代でこのクオリティ!

軽量、走行性、コスパ良し!ビングルはセカンドベビーカーにぴったりのベビーカー。 今回はピジョンの軽量ベビーカーとしてビングル(Bingle BB0)を紹介します。ビングルBB0(ビービーゼロ)は202...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です