港区ママの情報サイト
現役港区ママがおくる港区ライフのすべて
育児

新型コロナウイルスの感染拡大、乳幼児健診や予防接種はどうしたらよいの?

赤ちゃん

新型コロナウイルスの感染拡大によって、抵抗力の弱い妊産婦さんや赤ちゃんのいる家庭では、いろいろ不便を感じているではないでしょうか。今回は乳幼児健診や予防接種について行くか行かないか悩んでいる人向けに情報を提供します。

乳幼児健診は受診可能?

乳幼児健診には一般的に以下の種類があります。

・生後1か月の健診
・3~4か月健診
・6~7か月健診
・9~10か月健診
・1歳6か月健診
・3歳健診

それ以外に自治体で歯科検診を行っていたり、母子手帳には「1歳の記録」の欄があることから、1歳児健診は有料で小児科などで行っていたりします。

生後1か月の健診 子供が産まれた病院でするのが一般的
3~4か月健診 保健センター等で集団健診or指定病院で健診
6~7か月健診 指定病院で健診
9~10か月健診 指定病院で健診
(1歳) 任意受診。自費が一般的
1歳6か月健診 保健センター等で集団健診or指定病院で健診
3歳健診 保健センター等で集団健診

新型コロナウイルスによる乳幼児健診への影響

新型コロナウイルスの感染拡大によって、保健センターなどで行われる集団健診を中止する自治体がでてきています。お住いの自治体のホームページなどで通知が出ていることが多いので確認してみてください。

東京都港区では3歳児健診以外は個別に実施病院にて健診を受けるように設定されていますが、保健所で行われる集団健診である3歳児健診は新型コロナウイルスの国の緊急事態宣言を受けを受け中止になりました。

一方、集団健診の3歳児健診以外の乳幼児健診については、各実施病院で受けることが可能です。小児科を含め病院は現在通常通りあいているところも多いため受けることができます。かかりつけの病院等あれば、電話で問い合わせをしましょう。

尚、通常は乳幼児健診の実施病院であっても、総合病院の場合、新型コロナウイルスの患者受け入れのため、健診を制限または中止している医療機関も少なくありませんので注意してください。

個別に病院で乳幼児健診を行う場合、電話で予約をすることが多いとは思いますが必ず病院に連絡してから健診に行きましょう!

乳幼児健診、予防接種などは遅らせるべき?

乳幼児健診、予防接種は遅らせたらよいのでしょうか。日本小児科学会では以下のように述べています。それによると、現在のところ、新型コロナウイルスが今後も長期に流行することが考えられるため、乳幼児健診や予防接種を受けないデメリット方が大きいとし、予定通り行うことを推奨しています。

乳幼児健診の目的は、年齢ごとに起こりやすい病気や問題を早めに見つけて治療などに結び付けることです。予防接種についても、感染症にかかる前に接種する事が極めて重要です。
新型コロナウイルス感染症を予防するための対策も重要ですが、極端な制限によって予防できる他の重要な病気の危険性にさらされることを避ける必要があります。今後も数か月単位での流行が想定され、その間に乳幼児健診や予防接種を回避するデメリットは大きいと考えられます。実施にあたっては、いつも以上の配慮が必要になりますが、保護者と実施者が協力し可能な限り予定通りに実施すべきと考えます。

引用:日本小児科学会

健診受診票の有効期限は?

乳幼児健診の対象の赤ちゃんや子供がいる家庭には、お住いの自治体から受診票が送られてくると思います。そこには、●ヶ月健診と記載されています。

そこで乳幼児健診について少し遅らせて受診することはできるのかどうか役所に確認してみました。

残念ながら東京都港区では、受診票は期間内のみ有効で、受診期間を延期することは難しいとの回答でした。

尚、集団健診を行っている自治体では、感染拡大予防の観点から延期や中止などとなっているところも少なくありません。

予防接種については延期が難しい場合もあります。特に1歳までの接種が推奨されているBCGの予防接種は集団接種を行う自治体が多いため各自治体によって対策がとられています。

乳幼児健診や予防接種について困ったら、お住いの自治体の保健所や役所に問い合わせることをおすすめします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です