MENU
グッズ

ベビー布団セットはいるいらない?赤ちゃんのかけ布団は購入すべき?疑問にお答えします!

ベビー布団

ベビー布団を購入したほうがいいのかしない方が良いのか、迷っている人必見!

実は、7割ぐらいのママは「ベビー布団は購入した方がよい」といっています!

その大きな理由は

赤ちゃん向けにうつぶせしても窒息しないようマットが固めなので安全に寝かせられる

からです。

港区ママ
港区ママ
ベビーベッドを使う人はベビー布団はマスト!一方畳や床の上の場合は、固めの布団で代用できることも。

そこで、今回はベビー布団を迷っている人向けに、ベビー布団についてお伝えします!

ベビー専用の敷布団があった方が良い理由

ベビー布団のうち、特にベビー専用の敷布団いわゆるマットはあると安心!

その理由は、新生児期から首が自分で動かせないぐらいうちは、柔らかい布団だと、顔が埋もれてしまい窒息しやすいという理由からです。

販売されている赤ちゃん用の敷布団(マット)は基本的に固めの作りになっているので、窒息のリスクを軽減してくれます!

赤ちゃんマット

ベビー布団の大きさは二種類。

  • ミニサイズ(60×90)
  • 普通サイズ(70×120)

ベビーベッドを持っている方は、ベビーベッドのサイズにあわせて購入しましょう!床に直接布団を敷くのであれば、普通サイズがおすすめです。

港区ママ
港区ママ
わたしは、直接床に敷くための普通サイズ1セットと、ベッド用にミニを1セット買いました!

もし、お布団で代用したいという人は、固めの布団がおすすめ。(いわゆるせんべい布団です!)

○○スリープみたいな、低反発のマットは顔が埋もれてしまうかもしれないのであまりおすすめできません。

ベビー布団はセット購入する必要あるの?

ベビー布団セットを購入を考える人が多いと思いますが、本当に必要かどうか検証してみました!

ベビー布団セットでセット一式になっているものは、通常以下です。

  • マット(敷布団)
  • 防水マット
  • キルティング
  • シーツ
  • 掛け布団

防水マット

防水マット

必ず必要です!

赤ちゃんはおしっこやうんちが漏れやすいです。また吐きもどしもするので、防水マットはないと洗濯も含めて大変なことになります。おねしょや汗が敷きふとんまで浸透するのを防ぎます。

持っていない場合は必ず購入しましょう。

キルティング

防水マットの上に敷いて使います。汗っかきの赤ちゃんの汗を吸い取ってくれます。

夏はあった方が良いでしょう。

冬でも蒸れを防いでくれるので、温かく暖房のきいた部屋で寝させる場合は敷くことをおすすめします。

港区ママ
港区ママ
わたしは通年このタイプのキルティングを使用しませんでした。その代わり使用したのがキルティングと防水がセットになった防水キルトパッドです!

キルティングの代用として購入して便利だったのが、防水+キルトパッドが一体となった防水キルトパッド。掛けカバーの上からつけておけば、おねしょなどで濡れてしまった場合も、こちらを取り換えるだけで簡単でした。

防水キルトパッド

特に夜間、いちいちシーツを取り換えなくてはいけないとなると大変。だからシーツの上にはこの防水キルトパッドをしてれば、それを交換するだけですみます。赤ちゃんの体にあたる部分はすべて綿100%なので安心です。

防水シートはなくても良かったかもしれませんが、念のため敷いていましたよ!

シーツ

マットを汚れから守るためにも、シーツでマットをくるんでいました。シーツはマットの汚れを防ぐためにも必要です!

シーツはマットがすっぽり収まるようになっているため、専用のものを購入するのがおすすめです。

わたしはキルティング+防水の「防水キルトパッド」を使用してたので、ほとんどシーツは汚れず洗う必要がありませんでした!

ベビー用まくら

ベビー用まくらは必要ありません!

港区ママ
港区ママ
新生児のころは、吐きもどしてしまう可能性が高いから、頭の下にまくら代わりにタオルを敷いていたよ。

自分で寝返りがうてるようになると、赤ちゃんは夜中かなり動きます。娘は頭と足が反対になっていたことも。。。。

なので、枕があっても意味がありません(笑)

ただ、上の娘は3,4ヵ月頃頭の後ろがとがっていました。そのためまっすぐ仰向けに寝られないのと、向き癖がついてしまっていたため、それを直したくて、ドーナツまくらを購入して使っていました。

かけ布団

「かけ布団はいらない」という話もありますが実際どうなのでしょうか?

実際にはなくてもほとんど問題ありません!理由は以下。

  • 新生児期のころは、かけ布団が頭の上にかかると危険
  • 動き始めると、かけ布団はどこかにとんでいってしまう

夏の時期は、モスリンやタオルケットなどをかけてあげていました。

冬は使いやすいのはスリーパ。

わたしが利用しているのがスリーパーはミキハウスのスリーパー。肩で簡単にとめられうので、寝る前にベッドに敷いておけば、赤ちゃんが寝ていても起こさずに使用することができます。

港区ママ
港区ママ
直接肌にあたるものだから、肌の弱い新生児のころは、綿毛布のものをおすすめします。化繊は静電気などが起きやすいのと、肌への刺激が強いので注意!

でも布団セットの掛け布団、じゃあいらないの?

というと、わたしは、足元にちょこっとかけてあげるのに使っています。

使い道はなくはないけど、なくても他のもので代用できるのでわざわざ買う必要はありません。

布団セットor単品どちらがお得?

それでは、買うなら単品で買った方がいいのか、一式で買った方が良いのか比較してみましょう。

ベビー布団で定評のある西川の普通サイズのベビー布団で比較してみました。

価格必要性
敷布団(マット)約6,000円必要
防水シーツ約2,700円必要
キルティング約3,000円防水キルトパッドがあれば不必要
シーツ約2,000円必要
約2,000円
かけ布団約10,000円(洗える羽毛)
布団カバー約1,600円

ということで、単品で必要なものを合わせると1万円ちょっとで購入できます!

でも、ちょっと待ってください。。

セットで購入した場合は物にもよりますが、安いものだと1万円程度でセットが購入できてしまいます。かけ布団はそんなに使わないので、正直安いのでかまわない!

港区ママ
港区ママ
セットで買った方が結局はお得だったりするのよね。。

初めてベビー用品をそろえる方であれば、迷わず布団はセットで購入しましょう!

オーガニックコットンとか羽毛とか必要?

ベビー布団の布団セットは安いものだと1万円程度、高いものは5万以上という値段の差があります。

何が違うのでしょうか?

大きな違いは以下。

  • 使っている生地(オーガニックコットンか普通のコットンか)
  • かけ布団が羽毛かポリエステルの綿か
港区ママ
港区ママ
わたしは、オーガニック+羽毛の高いのを買いました(笑)たぶん完全に自己満足

娘は肌が弱かったのでアトピー持ち、オーガニックコットンにしましたが、効果はよくわかりませんでした。防水キルトパッドを敷いていたし、かけ布団はあまりつかっていないので。

服や下着と異なり、正直肌に直接触れる面積は少ないので、今思えば普通の綿で十分だったと思います。

羽毛のかけ布団は、たしかに暖かくて気持ちいい。(大人のが欲しいくらいです。)

ただわたしの場合、使用頻度は少ないので、これだけ値段を払う必要があったのか微妙です。

ただ、安全面という点では赤ちゃんのものだから、クリアしていることが必要。

そういう意味では選ぶ際に日本製を選ぶことをおすすめします。

また写真を撮ることも多いと思うので、写真映えするかわいい柄で選ぶのもよいでしょう!

サンデシカも安くて日本製でかわいいのでおすすめです!

ベビーベッド
ココネルエアーを購入する前に知っておきたいメリット・デメリット「ココネルエアー」の購入したいけど迷っている人必見! 「ココネルエアー」「ココネルエア―プラス」を購入して失敗とならないために、知...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です