港区ママの情報サイト
現役港区ママがおくる港区ライフのすべて
妊娠

妊娠、授乳中の人は必見!デカフェのあるカフェ一覧

コーヒー豆

妊娠中、授乳中カフェイン摂取について注意するよう病院からも言われることがあるのではないでしょうか。1日に少しのカフェインであれば問題ないといわれるものの、赤ちゃんに影響があるといわれればやはり気になりますよね。そんな時に役立つのがカフェインを取り除いたカフェインレスコーヒ、通称デカフェ(ディカフェ)とよばれているもの。今回そのデカフェが飲めるチェーン店カフェを紹介します。

デカフェ(ディカフェ)とは

デカフェ(ディカフェ)は、カフェインを取り除いたコーヒーや緑茶などのドリンクのことを総称します。ただ単にデカフェと言うと、カフェインを除去した「カフェインレスコーヒー」を指すことが多いのが現状です。

もともとコーヒ豆にはカフェインが含まれているため、薬剤や水、二酸化炭素などによりカフェインを取り除く加工をします。そうして人工的にカフェインの含有量の少ない製品にします。日本ではデカフェ(ディカフェ)の定義はありませんが、ヨーロッパでは、カフェインがコーヒー豆中の0.2%以下(インスタント・コーヒーでは0.3%以下)と定義されています。尚、カフェインが少量のカフェインを含むのに比べ、ノンカフェインはカフェインが全く含まれていない飲み物を指します。

カフェインレス カフェインが除去されたドリンクのこと。パッケージには99.7%除去とか書かれていることが多い。カフェインは0ではない。緑茶やコーヒなどからカフェインを除去したもの。
ノンカフェイン カフェインが含まれていない飲み物のこと。麦茶やルイボスティーなど。

デカフェの飲めるカフェを紹介

デカフェを提供するカフェは近年、健康志向もあり増えてきています。けれども、急に探すとなるとなかなか見つからないものです。できれば事前にどういったところがデカフェを提供しているか知っておくと便利ですよ。では以下にデカフェの飲めるカフェを紹介します。

スターバックスコーヒー

スターバックス

スターバックスコーヒーではホットコーヒのみならず、アイスコーヒ、ラテ、モカ等デカフェが楽しめます。スターバックスのカフェイン除去方法は、化学薬品に頼らない二酸化炭素抽出法を用いて99%カフェインをカットしています。

スターバックスは、カフェチェーン店の中で最もデカフェの種類が豊富です。通常のメニューに+50円でデカフェに変更できます。マイボトルでスターバックスのコーヒを飲めば20円引きで飲めるので、少しでも安く飲みたい方にはマイボトルを持っていくことをお勧めします。ただ、残念ながらフラペチーノ系はデカフェへの変更はできません。

尚、デカフェに関しても、ホットコーヒー、アイスコーヒーはワンモアコーヒー100円の対象となっており、当日であればお替りは100円で可能です。もちろんその際もデカフェで注文できるので大変お得ですよ!!

またデカフェのコーヒ豆も販売しています。その場でひいてくれるので、家でもスターバックスのデカフェを楽しみたい方はぜひ購入してみてください。

タリーズコーヒ

タリーズでは一部店舗でデカフェを提供しています。タリーズでは95%以上カフェインを除去した豆をしようしています。

通常のカフェインレスコーヒーはコーヒープレスで抽出したものを提供してくれます。(Tallサイズで380円です。)アイスコーヒーを注文したら、ホットのデカフェを氷に入れて提供してくれました。好みのエスプレッソドリンクに+60円すればデカフェに変更可能です。

ドトールコーヒー

ドトールコーヒーでは一部店舗でカフェインレスコーヒーを取り扱っています。取扱店では、Sサイズ220円で、ホットコーヒ以外に、カフェインレスカフェラテ、カフェインレス豆乳ラテが提供されています。値段が通常のコーヒーと同じなのが特徴です。

カフェドクリエ

カフェドクリエではカフェインを97%除去したコーヒーをカフェプレスで提供しています。値段はレギュラーサイズ300円になります。デカフェのアイスコーヒーはレギュラーサイズ340円で提供されています。

ハーブス(HARBS)

ハーブス(HARBS)といえば、大きくておいしいケーキで有名なカフェですが、なんとそこではカフェインレスコーヒーがお替り自由で飲めるんです。ハーブスのノンカフェインブレンドコーヒーは、注文すると一杯ずつ抽出してくれ味わい深いコーヒーを楽しむことができます。

コーヒー一杯600円でケーキを頼むと1000円以上はかかりますが、ママ友仲間などとゆっくりすることもできるのでおすすめのカフェです。

星乃珈琲店

コーヒーだけでなくスフレパンケーキなどもおいしいと評判の星乃珈琲店。ゆったりとした店内でいれたてのこだわりコーヒーが楽しめます。そんな星乃珈琲店にもカフェインレスコーヒーを提供しています。ホット1種類のみですが、香りのよいカフェインレスコーヒーを楽しむことができますよ!

上島珈琲店

上島珈琲店ではカフェインレス商品として、黒糖ミルクコーヒがカフェインレスでも飲めます。また無糖のミルクコーヒーもカフェインレスで提供されています。(M400円)

猿田彦珈琲

東京恵比寿からはじまったコーヒー専門店猿田彦珈琲。都心部を中心に店舗数を増やしているコーヒー店です。ホットとアイスで「ディカフェ」として510円でデカフェコーヒーを販売しています。

ジョナサン

カフェではありませんが、ファミリーレストランのドリンクバーでカフェインレスコーヒーが提供されているのがジョナサンです。通常のドリンクバーの料金(399円、セット299円)で利用できます。もちろんお替り自由ですし、通常のコーヒーと変わらないおいしさでデカフェを楽しめます!カフェインレスコーヒー以外にも数種類のノンカフェインドリンクが提供されており、妊婦さんや授乳中の方にも優しいドリンクバーになっています。

デカフェが飲めるカフェ一覧

デカフェが飲めるカフェを一覧にまとめました。タリーズやドトールではデカフェはあるものの一部店舗にとどまっているため注意が必要です。またスターバックスでもスタンド形式の店舗ではデカフェの提供がないところもあるためこちらも注意してください。

デカフェはお店のメニューに掲示がなくても対応できるカフェもあります。デカフェが飲みたい方は、メニューになくても念のため注文時に聞いてみると良いですよ。

カフェ名 商品 値段 店舗
スターバックスコーヒー ホット、アイス、その他 +50円でデカフェに変更 全国で取り扱い(一部店舗を除く)
タリーズコーヒー ホット、アイス、エスプレッソドリンク +60円でデカフェに変更 一部店舗のみ
ドトールコーヒー ホットコーヒー、ラテなど 220円(S) 一部店舗のみ
カフェドクリエ ホット、アイス ホット(R)300円 基本的に全店
ハーブス ホット 600円(お替り可) 基本的に全店
星乃珈琲店 ホット 400円 基本的に全店
上島珈琲店 ミルクコーヒ系ホット、アイス 400円(M) 基本的に全店
猿田彦珈琲 ホット、アイス 510円 基本的に全店
ジョナサン ホット ドリンクバーの料金 基本的に全店

妊娠中や授乳中気になるカフェイン。でもたまにはカフェでお茶などできないとストレスもたまってしまいます。そんな時にぜひカフェインレスコーヒーを提供しているカフェで至福の一杯をたのしみましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です