港区ママの情報サイト
現役港区ママがおくる港区ライフのすべて
不妊治療

どうする?二人目不妊。二人目不妊治療の時のポイントは?

二人目妊娠

第一子の子育てが落ち着いたから子供が欲しいと思う人も少なくないのではないでしょうか。ところがもう一人子供が欲しいと思ったとき、なかなか子供がでいないのが「二人目不妊」。「二人目欲しいけど、なかなかできない。」実はこういった声はよく聞きます。二人目不妊かもと思ったらどうしたらよいのか、その治療のハードルも含めて紹介します。

結構悩んでいる人の多い二人目不妊

二人目不妊で悩んでいるのはわたしだけ?なんて思うかもしれませんが、結構悩んでいる人も多いといわれるのが二人目不妊。一人目は自然妊娠できたけど、二人目ができない人の声をわたしも友人から何度も聞きました。その理由として、よく言われるのが「年齢があがっているから妊娠率が下がるのは当然」という医学的な側面。またもう一つの理由として、育児で忙しくて夫婦生活も以前に比べて減ってしまったという事情も挙げられます。

二人目不妊は相談しにくい

二人目不妊の一番のネックは「人に相談しにくい」というところです。悩んでいる人は少なくないと思いますが、あまり話題にあがらないのは、二人目だから人に言いにくいというのがあるのではないでしょうか。

家族や友人から、「もう一人産まないの?」なんていうプレッシャーを受けることがあっても、「実は二人目できないんです。」なんて言いにくいですよね。また正直に二人目不妊であることを伝えれば、「まあ、でも一人いるんだから。そのうちできるよ。」と軽く言われてしまいがちです。

妊活に励んでいる友達に相談もしにくい話題です。不妊治療について下手に聞けば、「一人いるのに贅沢な悩み」と思われるどころか、相手を傷つけてしまうこともあるかもしれません。

また旦那さんの中にも「一人いれば十分じゃん」といって、二人目が欲しいという妻の気持ちやプレッシャーを理解してくれない非協力的な人もいます。

ネットなどの情報も二人目不妊については大きく取り上げられているのはあまりありません。やはりインパクトを考えると、一人目ができないということの方がより一層大きな問題にとらえられるからでしょう。

そういった理由で二人目不妊については女性一人で抱えがちな問題であると思います。

不妊治療専門病院は、子連れダメな病院が多い

不妊治療専門病院は、基本的に子連れがダメという病院が多いです。もっとも、不妊で悩んでいる人たちが通う病院なので、子供をみるだけでも精神的ダメージがという人も多くいるでしょう。そういった人向けに配慮されているということなのですが、小さい子供がいると難しいですよね。毎回預け先を探してというのも、容易ではありません。そういう事情で治療に通うこと自体が難しくなりがちです。

二人目不妊、悩んだら早めの受診が〇

二人目不妊の定義については特にはありませんが、クリニックの先生によると半年以上タイミングをあわせてもできない場合は専門医を訪れた方がよいそうです。しかも年齢が上がるにつれて妊娠しずらくなるので、二人目が欲しいのであれば本当に早めに病院に通うのがおすすめです。上のお子さんの預け先など困る場合がありますが、病院によっては提携先の保育所があったりするところもあります。そういった病院を選んでいくのも良いかもしれませんね。

ワーキングママの場合

ワーキングママの場合は、仕事に家事に忙しいの中の通院となるとさらに負担に感じます。ただ上のお子さんも保育園に通わせていると思うので、その点は仕事の調整がつけば病院に通いやすいでしょう。わたしもこのケースでしたので、延長保育を上手につかいながら通院、育児、仕事をしました。

二人目不妊、一人目不妊、治療は同じ?

一人目不妊と二人目不妊に関しては基本的な治療、ステップアップの方法は変わりません。ただ大事なのは二人目不妊の場合、どこまで治療をするのか、期間はどうするのかということも踏まえて考えた方が上の子のためにも良いかと思います。

わたしは二人目の際には、先生にどこまでの治療をするのかということを事前に考えはっきり伝えました。今回は体も、お金も負担が大きい体外受精に関しては行わないということを事前に決めていました。一人目の育児に影響の出ることはできるだけ避けたいと思ったからです。また、おおよその治療の期間も決めました。

先生もそれを聞いて、数年前受けたことのある、AMH(卵巣年齢)の検査などは行わず必要最低限の検査のみにしてくれました。またそれにあわせて治療の相談ものってくれました。

二人目不妊の治療を受ける際の注意点

実際二人目不妊治療を行った経験者として、わたしが考える二人目不妊の際の注意点は以下になります。一人目との違いはやみくもに治療を行わないことが大事だと思います。特に二人目から初めて不妊治療を行う場合は、不妊治療がどのような流れで行われるか知らずに、また病院によっては説明もなしで治療がスタートするかもしれません。ただ、不妊治療は高額で時間の制約もあります。それが上の子の育児に影響するのを避けたいのであれば、まずは病院で治療方針をきちんと聞くことをお勧めします。

二人目不妊治療の際のポイント

  • 病院で治療方法について一連の流れを聞いたり、調べたりする。(特に二人目で初めて不妊治療をする場合は不妊治療についてどのような治療があるのか、お金はいくらぐらいかかるのか聞くこと)
  • 情報をもとに不妊治療の治療はどこまでのレベルで行うか決める。
  • 期間を決める。(年齢も含めて)

一人目であれば可能性があればどれだけでも治療をしたいと思います。二人目を望んでいる場合も気持ちは同じかもしれませんが、それが上の子の負担になってしまってしまうのは避けたいものですね。そのためにも、一人目不妊にくらべて二人目以降の場合はあらかじめ期限や治療をどこまでするか決めておくことが重要だと思います。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です