教育

【実体験】幼児教室 ベビーパークってどうなの?ベビーパークに2年間通った感想

100玉そろばん

赤ちゃんから知育をしたい、通える習い事はないか、幼児教室を探している方なら一度は「ベビーパーク」という幼児教室を聞いたことがあるのではないでしょうか。わたしの娘は「ベビーパーク」に3カ月から2歳まで通いました。そこでベビーパークに通って良かった点、悪かった点などについて紹介したいと思います。ベビーパークに興味がある人、通おうか迷っている人に読んでいただき参考にしてもらえればと思います。

ベビーパークってなに?

ベビーパークとはIQ150以上の子を育てる、叱らない育児という教育理念をもった幼児教室です。

株式会社TOEZが運営しており、0-3歳児を対象としたベビーパークと、3歳から8歳児を対象としたキッズアカデミーがあります。全国的に展開しており、現在教室数は全国で200カ所以上になります。

ベビーパークに通わせた理由

数ある幼児教室からベビーパークを選び、0歳から2歳半まで通いました。長く続いた理由は以下になります。

  1. 0歳児(2カ月)から通うことが可能

わたしは娘を生後3カ月からベビーパークに通わせました。その理由はちょうどその時期真冬で娘のお散歩に困っていたこと、ママ友も含めてわたしに友だちがおらず、一人でうつうつとしていたことがあります。そんな時ベビーパークの体験レッスンにいきました。生後2カ月から通わせられる幼児教室はほぼない中、小さいうちから通えるということが入会した理由となりました。

  1. 育児のノウハウを教えてくれる

はじめての子だったので、マザーリングなどで育児のノウハウなどを教えてくれることや、先生に相談することができることができることが助かりました。「子供の寝つきが悪い」「寝返りなかなかしない」など。そういう時、様々なアドバイスをもらえることは大変ありがたく思いました。

  1. 知育プラスアルファの授業内容

知育教室はたくさんありますが、知育もするけど、それだけではなく、育児、親子の関係というところに着目したレッスンの内容が日々の子育てに大変役立ちました。赤ちゃんとどう遊んだらいいのか、関わったらよいのかということはなかなか初めての子供だとわかりません。その点、レッスンで学んだ内容が帰った後でも役立ちます。さまざまな知育教室の体験にも行きましたが、ベビーパークのレッスンがその場での知育と家庭教育のバランスが取れている点で長く通う決め手となりました。

  1. 授業の振り替えが可能

特に子供が小さい時だと、体調が悪くなったり、ご機嫌斜めで行きたがらなかったりなんていうことも多く、決まった時間にレッスンに行くことが難しかったりします。またわたしの場合、自宅の東京都、実家の名古屋を往復する機会も多くありました。このように都合が悪く通えないとき、ベビーパークでは振り替えレッスンをしてくれます。全国展開しているため名古屋の教室に行けないときは、東京の教室でレッスンを受けさせてもらうことも可能でした。振替の回数は規定では決まっているものの、教室の先生に直接頼むと状況を配慮して振り替えの融通をきかせてくれます。教室の数が多く融通がきくという点でベビーパーク通いやすかったです。

ベビーパークでは何するの?

ベビーパークは実際のレッスンでどのようなことをしていくのでしょうか。

まず最初の10分でマザーリングというお母さん向けの子育て豆知識を学びます。この際、先生からお母さんに家庭での子供の発達の様子なども聞かれたりします。そのあと子供向けのレッスンがはじまります。月齢別のクラスによって内容は変わりますが、大まかな授業の流れは以下です。

マザーリング(講義10分)→はじまりの歌→目の運動→100玉そろばん→フラッシュカード→歌→手先の遊び、体を使った遊び、カードを使った遊び等→創作→英語の本→日本語の本→おしまいの歌

基本的に目の運動から100玉そろばん、フラッシュカード、歌、英語の本の読み聞かせ、日本語の本の読み聞かせは各月齢共通して行われました。月齢が小さい子だと、ベビーマッサージなどや、ハイハイレッスン、大きくなるとパズルや文字合わせなどをしていきます。

費用

ベビーパークでのレッスンの時間は50分、年間42回のレッスンになります。月に3~4回通うことになります毎月の月謝は14000円。ブラスCクラス以上だと創作用の教材費としてプラス1000円かかります。また東京ではできないそうですが、地方では月2回のレッスン受講と制度もあるので月4回が多いと思う方はぜひ入会時に聞いてみるとよいですよ。

ベビーパークの教育の良い点、悪い点

ベビーパークに実際通って良かった点と悪かった点を書きたいと思います。

良かった点

ベビーパークに通うことで沢山のママ友ができたのが一番よかった点です!

その時出会ったママ友とは今でも連絡をとりあっており、本当に貴重なお友達です特に子供が産まれたばかりから知り合ったということもあり、お互い様々な悩みを話し合うことがありました。

毎回ベビーパークが終わったあとにお茶をしたり、ランチをしたりとすごく仲良くでき、そのおかげで子育てイベントの情報交換などができました。

ベビーパークに通ったことがきっかけとなり、その後どんどんママ友の輪ができました。家にこもることなく子育てを楽しむことができたのは最初にベビーパークに通ったからかな、と思います。また子育ての中、祖父母との意見と異なった場合でも、先生からアドバイス(第三者からのアドバイス)をもらうことで、親世代とも冷静に話をすることができました。

悪かった点

ベビーパークの育児の方法が100%正しいかというと、わたしからみて疑問に思うことがたびたびありました。

例えば母乳育児を推進し、離乳食は遅ければ遅い方が良いという指導をされましたが、これについていえば、現在一般的に行政などで指導される考え方とは違うところもあります。ベビーパークに通うママ友の間では、離乳食を1歳ぐらいまで遅らせている人もいました。どこまで実践するか、信用するかは人それぞれですが、参考程度に考えたほうがよい情報もあるのも確かです。

ベビーパークの雰囲気は?

レッスンの雰囲気は全体的に明るく和やかです。

ただ、同じ教室でも先生によってまったくレッスンの雰囲気が異なるということです。子供と先生、親と先生の相性もあります。

通っている間に何度か先生が変わることがありましたが、娘も好みの先生とそうではない先生がいました。娘の好みは、ほんわかして若くて優しい先生でした。年配ベテランの先生はどちらかいうと苦手のようでした。ただ親からするとベテランの先生の方が安心感があったりします。

レッスンの進行は基本的にマニュアルに沿って行われるので全国一律ですが、雰囲気だけは先生自身の個性によるものが大きいです。先生との相性が悪ければ、教室を変えたり、曜日を変えたりすることもできます。

ベビーパークに通って娘は成長したか?

0歳から通っていたため、娘の成長が通ったから良かったのか、もともと子供の成長とはそういうものなのか、という判断はなかなかしにくいところがあります。

とはいえ、娘はベビーパークに行くいうことはきちんと認識しており、ベビーパークに毎週通うことを楽しみにしているようでした。1歳ぐらいになると教室の前を通ったり、ベビーパークのロゴをみかけると、あーっと指を指すぐらいになりましたよ。効果のほどはともかく、娘も私も通うことが楽しかったことが本当に良かったと思います。

ベビーパークを退会した理由

今年の初めを最後にベビーパークを退会しました。そんなに良いならなんで退会するの?っと思われるかもしれません。ただ、娘も保育園に通うようになって毎週、土曜日にレッスンを通うことが大変になってきたこと、ベビーパーク以外のお稽古事に行かせたいと思い始めたこと、また第二子ができてわたしが一緒に行くのが大変になったこと、などが理由に挙げられます。

ベビーパークは今後の成長の糧となる基礎を学ぶことはできますが、専門的に学ぶとなるとまた異なります。子供が3歳になってくると「言語」「音楽」「ダンス」「格闘技」など専門的なレッスンが受けられるようになってきます。ベビーパークを卒業し、その基礎をもとに次の専門的なレッスンをと現在は考えています。

尚、ベビーパークの退会したい場合、簡単に手続きは可能です。3カ月間ですがレッスンを休会することもできます。

ベビーパーク、興味あれば体験レッスンから

結果、ベビーパークに通い、IQ150以上になったかと言われれば、期待するほど効果は得られてはいないでしょう(笑)。

娘は3歳過ぎた今、脳の発育は他と比べて突出しているところもなく、周りの子供と比べても普通です。

それでも個人的には、ベビーパークに娘を通わせて本当に良かったなと思っています。

特に初めての子供の場合、ママは孤立しがち。ベビーパークは新米ママに自信をもって育児にのぞめるよう背中を押してくれるような存在でした!

子供のための早期教育と考えず、子育て中の悩みを解決してくれる親のための教室と考えた方がよいのかな、、と思いました。

ABC
ディズニー英語システム(DWE)を購入。その効果は?英語は話せるようになる?ディズニー英語システム(DWE)。子育て雑誌、スーパや親子イベントなどでも宣伝をしているため見聞きしたことがある方も多いのではないでしょ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です