妊娠・出産

里帰り出産のメリット、デメリット

新生児

妊娠が確定すると、多くの病院で分娩予約をどうするか聞かれます。え、もう決めなくてはならないの、と思うかもしれませんが、分娩予約は妊娠初期のうちに入れることをすすめる病院が大多数。そこで出産は里帰りでするかしないかを悩み始める方もいるのではないでしょうか。もちろん里帰り出産をするのであれば、産院を予約しなくてはならないなど、こちらも早めの準備も必要です。ここでは里帰り出産のメリット、デメリットについて紹介します。

里帰り出産のメリット

里帰り出産のメリットはなんといっても自分の母親が側にいて世話を受けることができることです。初めての育児は、ママにとっても楽しみ反面、負担も大きくなります。里帰り出産のメリットをみていきましょう。

産後体を休めることができる

里帰り出産の一番大きなメリットは出産してから、実家の両親、特に実母の手伝いを受けながら生活できることです。産後はどうしても体力の消耗した体で赤ちゃんの世話をしなくてはなりません。初めての出産だと、授乳やおむつかえ、すべてが初めてで手際も悪くなかなか思うようにできないのが普通です。また夜間の授乳などで寝る時間もままなりません。また産後のホルモンの変動も大きく気持ちの浮き沈みもあります。そんな中、家事や買い物などしなくてはならないと、ママにとってはかなりの負担になります。パパが手伝ってくれるとしてもパパは仕事があったり、また家事に慣れない場合もあります。そんなパパにイライラしてしまう場合も。そういった意味では、実母は子育ての経験もありますし、家事なども慣れているため、ママは疲れた体を安心して休めることができるでしょう。

子育てに関するアドバイスを受けられる

やはり自分の母親は子育ての大先輩。今と昔の子育ての方法が違うとはいっても、おむつ替えや着替えその他もろもろ共通するところもたくさんあります。最初は新生児をお風呂にいれることだけでも怖くてなかなかできません。そういうとき頼りになるのが自分のお母さんです。わからないことがあったらまずアドバイスを受けることができる、また手伝ってもらうことができるので頼もしい存在になるでしょう。

里帰り出産のデメリット

里帰り出産にもデメリットはあります。特に産院は事前に探しておく必要があるため、里帰りすると決めたら早めに行動することが大事です。

産院を事前に探す必要がある

里帰り出産をするためには、里帰り先でも事前に産院を探しておく必要があります。友人の中に里帰りしてから病院を探したら、なかなか見つからずに大変な思いをしたという人がいました。多くの病院では、妊娠したら分娩予約をすることが通常です。少しでも遅くなるとキャンセル待ちということもあります。そうなる前に妊娠して里帰り出産すると決めたらすぐに里帰り先の病院を探しましょう。

実家が遠いと移動が大変

現在の自宅と実家が遠いと、里帰りも大変です。わたしが通院している病院で里帰り時期は34週ぐらいをめどに考えてくださいと言われました。遅くとも35週までには帰った方がよいといわれています。そのころになるとお腹も大きくなり移動も楽ではありません。どのような交通手段をとるかにもよりますが、飛行機に乗る場合は出産予定日を28日以内の場合「診断書」の提出が必要となります。出産予定日間近になるといつ陣痛が来るかわかりません。移動に時間がかかる場合はなるべく早めに里帰りをした方が良いでしょう。

立ち合い出産希望の場合パパが間に合うかわからない

陣痛が来てから子供が産まれるまでの時間は、本当に人それぞれです。立ち合い出産を望んでいた場合でも時間によってパパが間に合わない可能性もあります。特に実家が遠い場合、その可能性が高くなります。す

里帰り出産の注意点

里帰り出産の注意点は以下になります。里帰りによってトラブルにならないよう事前に知っておきましょう。

産院は必ず予約しておきましょう

里帰り出産の際には必ず産院は予約をし、1度は妊婦健診を受けておくと安心です。里帰り先で妊婦健診を受けた場合でも、自治体によっては妊婦健診の受診料の補助が出る場合がありますので確認しておきましょう。

里帰り中の書類などの提出について夫婦で話し合っておきましょう

里帰り先で子供が産まれた場合出生届や児童手当などなど役所への書類の手続きが必要になります。これらの手続きは場合によりパパにしてもらう必要があります。こういった書類の提出についてあらかじめ必要なものをパパに伝えて、慌てないようにすることが大事です。

里帰り出産しない方が良いケース

特に初産の場合、里帰りした方がママにとって助かることが多いですが以下の場合は里帰りしない方がよいでしょう。

近くに産院がない

里帰りの実家がかなり地方でそばに産院がない、もしくは高リスク出産の場合に対応できる施設がない場合、里帰りより自宅から通える病院で出産したほうがよい場合があります。妊娠、出産は何が起こるかわからないもの。自分の体と赤ちゃんの体のためにも産院が近くにない場合は良く考えましょう。

両親が高齢など家庭の事情がある場合

両親が高齢であったり、仕事をしていたり、または様々な事情で赤ちゃんや自分の身の回りの世話ができそうもない場合も遠慮した方がよいでしょう。出産後、ママの体調が思わしくないと、赤ちゃんの世話からすべて両親に頼らなくてはならない場合もあります。わたしも産後乳腺炎になり高熱を出し寝込んでしまい何もできなくなりました。そういったとき、両親が高齢であったり持病があったりする場合、思った以上に負担をかけてしまうこともあります。

里帰りしない場合の準備

里帰りしない場合、出産後に大変な思いをしないためにもあらかじめ準備をしておくことをおすすめします。特にパパに頼ろうと思っても、パパにとっても子育ては初めての経験でとまどってしまうこともあります。その点も踏まえて出産後どうするか事前に考えておきましょう。

パパ以外に手伝ってくれそうな人を探しておく

里帰りしない場合、パパ以外に自分の身の回りや赤ちゃんの世話を手伝ってくれる人を探しておくことが大事です。パパにすべてを頼ってしまった場合、パパ自身がそれがストレスになって疲弊してしまう場合もあります。仕事も休むことも簡単にはできないかもしれません。里帰りをしない代わりに、実家のお母さんや、義理のお母さんに手伝いに来てもらう家庭をよく見かけます。

地方自治体のホームヘルパーサービスなどを探しておく

自治体では産前産後の家事手伝いなどを行うヘルパー派遣に対して助成金を出しているところがあります。わたしの住んでいる港区でも「ホームヘルパー」または産前産後の母子専門の支援員「産後ドゥーラ」の派遣に対して補助を出しています。そういった制度を上手に利用することで産前産後の家事や育児の負担を軽減することも可能です。

出産後は思った以上に大変

出産後は、もとの体に戻るまで思うように動けません。赤ちゃんの世話やホルモンバランスの乱れにより、産後うつというのも他人ごとではありません。思った以上に大変だと考えて準備をしておくことが重要です。昔は「産後の床上げ」といって1カ月間は布団を敷きママを休ませる習慣がありました。産後1カ月間は外出なども控えることが通常でした。現在は核家族化に伴い家族や人に頼ることも難しいですが、体を休ませることは本当に大事です。頼れる実家があるのであれば、里帰り出産をして実家に戻ることが一番安心だと思います。それが難しい場合は様々なサポートについて調べておくことが重要です。出産した後にそれらのことを調べるのは容易ではありません。事前に準備をし出産後の赤ちゃんの世話に備えましょう!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です