MENU
妊娠・出産

港区妊婦向け助成、サービスの紹介

マタニティマーク

港区では妊婦さん向けに様々な助成、サービスが行われています。例えば分娩出産費用は60万円まで補助するなど、他の自治体にはない助成などもあります。また里帰り出産する人でも妊婦健診などには助成があり、大変安心です。そういった情報は区役所に妊娠届をし母子手帳をもらったときに案内がありますが、転入してきた方などには情報が届けられていない場合があります。ここでは港区が発信している情報をもとに、妊婦さん向けサービスを紹介します。

妊婦健診助成

安心な妊娠出産に向けて必ず受けるべきなのが、妊婦健診。しかし妊婦健診や出産には健康保険がきかないため、すべて実費での支払いが必要となります。病院によっても価格は異なりますが、1回数万円の支払いが必要になることも。大変な負担です。これら妊娠や出産の費用を助成するためにそれぞれの自治体では補助をだしています。ここでは妊娠、出産にまつわる港区の助成について紹介します。

妊婦健診助成

港区で妊娠届を出すと、母子手帳とともに、妊婦健診受診表(計14回)、妊婦超音波検査(計2回)、妊婦子宮頸がん検診(1回)の補助券がもらえます。

助成金額については港区の公式ページには書かれていませんが、わたしの愛育クリニックでの健診の明細から1回目は様々な検査があるため助成額が高く、それ以降は5,000円程度の補助がでていました。この実費部分の支払いに関しては通う病院によっても違うため、助成金内で収まるところもあるかもしれません。

各種助成等その他検査等での支払い額
妊婦健診 第1回目14,250円26,180円
妊婦健診 第2回目5,000円1,180円
妊婦健診 第3回目5,070円16,340円
妊婦健診 第4回目10,370円(超音波助成+2回目以降の助成)2,630円
妊婦健診 第5回目5,070円9,870円

東京都外の医療機関で妊婦健診をした場合の助成制度

港区では里帰り出産のため東京都外の医療機関又は助産院で妊婦健康診査をした人に対して、その費用の一部を助成してくれる制度があります。妊婦健診や超音波検査の受診表などは、都内では利用できますが、他府県においては利用できず全額実費となります。その一部の費用を申請することによって港区では補助してくれるのです。申請には未使用の受診表と、病院の領収書が必要になります。出産日から1年間有効なので該当者の方は捨てずにとっておきましょう。

申請方法などの詳細は以下港区のホームページをご覧ください。

http://www.city.minato.tokyo.jp/chiikihoken/kenko/ninshin/ninshin/kenko_shinsa.html

その他

低所得者向けには、妊娠高血圧症候群等の医療費助成などもあります。詳しくは区のホームページをご覧ください。

出産費用の助成

港区では出産にかかる分娩費及び入院費等60万円を限度として、出産育児一時金等を差し引いた金額を助成してくれます。一般的に出産にかかわる費用は、加入している健康保険から42万円が助成されますが、分娩費や入院費を合計すると42万円を上回ることは少なくありません。その実費の部分を港区では60万円まで助成してくれるのです。

新生児視聴覚検査の助成

赤ちゃんが産まれてからすぐに行う検査の中に聴覚検査があります。任意検査ですが、昨年より港区では新生児視聴覚検査の助成する制度が始まっています。

両親学級、母親学級

港区では両親学級(月2回開催)や母親学級(月3回)を行っています。両親学級は、1回の参加、母親学級は第1回から第3回(計3回)になります。申し込みは必要ですが、すべて無料です。

両親学級では、赤ちゃんとの生活に関するレクチャーや、実際に赤ちゃんの沐浴体験をしたり、父親になる人の妊婦ベルトを装着した妊婦体験、グループディスカッションなどを行います。

母親学級ではストレッチ、住まいの衛生や食事、妊娠時の歯の衛生、お産の経過、母乳とミルク、産後の生活など3回にわけて詳しくレクチャーしてくれます。

両親学級や母親学級に参加することによって、港区の子育てのサービス情報などのアナウンスをもらえますし、地区ごとにグループが分かれて講義を受けるため、近所のつながりもつこともできるので参加すると良いでしょう。

妊婦さん向け歯科検診

妊娠中は虫歯や歯肉からの出血などの口のトラブルが起こりやすくなります。また口の中状態が生まれてくる赤ちゃんにも影響することもあるそうです。そこで、妊婦さんは、港区内の歯科医療機関でおこなっている「お口の検診」と保健所で実施している「妊産婦歯科検診」を受けることができます。あくまで検診ですが、口の健康指導等も行ってもらうことが可能です。

妊婦ケア

妊娠中は、ホルモンバランスの影響で精神的に不安定になったり、体調が悪くなったり、子供が生まれた後の心配など、様々なことで悩みます。港区ではそういった妊婦さんのためにも助産師さんなどに無料で相談できる機会を設けています。

妊婦訪問

妊娠中の体調や産後の生活への不安など、助産師さんが家庭訪問してくれて相談にのってくれます。

http://www.city.minato.tokyo.jp/chiikihoken/kenko/ninshin/shussan/shussan/n-homon.html

助産師による相談窓口

出産準備、出産後の心配などについて、助産師さんに気軽に相談できます。電話や面接でも相談を受けられるようになっています。

http://www.city.minato.tokyo.jp/chiikihoken/kenko/kenko/boshi/midwife.html

その他

その他にも産前、産後に対して母子メンタルヘルス相談などを受けている窓口があります。女性は妊娠、出産を経て生活、ホルモンバランスすべてが一変するため心のバランスも崩しやすくなります。何か不安があったらこのような相談窓口を利用するのが良いでしょう。

http://www.city.minato.tokyo.jp/kouhou/event/190412-sodan.html

また港区出産・子育て応援メールなどのサービスも展開しており、妊娠中の体のことや、子育てアドバイス、イベントなどの情報を提供してくれています。ぜひ港区住民で妊娠、子育て中の方は登録しておきましょう。

https://www.city.minato.tokyo.jp/kosodatesien/ouenmail/mail.html

港区コミュニティバスの無料券の配布

港区内には区民の生活の利便性を高めるため、港区コミュニティバス「ちぃばす」が走っています。港区在住の妊婦さんはこのバスの無料券をもらうことができます。

港区役所で申請するともらえますので、ぜひ申請しましょう。

https://www.city.minato.tokyo.jp/koutsuutaisaku/kankyo-machi/kotsu/bus/community-bus.html

産前産後家事・育児支援サービス

妊娠中、出産直後は体調によって、買い物、身の回りの掃除などができず、日常生活に支障がでてしまうことがあります。そのような事態の時「ホームヘルパー」または産前産後の母子専門の支援員「産後ドゥーラ」が訪問し、家事および育児支援を行ってくれるサービスを港区では提供しています。時間は限られていますが、通常の家事支援サービスを頼むよりかなり安くサービスを受けられるので困ったときに利用すると便利です。

  • 単胎妊娠の方 妊娠中および出産後120日以内に合計96時間(内、産後ドゥーラは9時間)まで
  • 多胎妊娠の方 妊娠中および出産後1年以内に合計200時間(内、産後ドゥーラは18時間)まで

午前8時から午後10時までの間で、1日1回、2.3.4時間の単位で訪問してくれます。

利用料金

訪問時間2時間3時間4時間
家事支援料金1,500円2,250円3,000円
産後ドゥーラ料金2,000円3,000円4,000円

住民税非課税世帯は上記の半額、生活保護世帯は0円で利用できます。

http://www.city.minato.tokyo.jp/kosodatesien/kenko/ninshin/shussan/mama-support.html

産後母子ケア宿泊型ショートステイ事業

2020年4月から産後ケア事業がはじまりました。事前に申請が必要ですが、最大6泊7日まで病院などの施設にてケアが受けられます。

対象者は以下の要件のお母さんと生後4か月未満の赤ちゃんです。
1 家族等からの十分な支援が受けられない
2 体調不良や育児不安等がある

非課税世帯は無料で利用でき、また課税世帯でも施設によりますが、1泊5000円~15000円の間で利用できます。

https://www.city.minato.tokyo.jp/chiikihoken/kodomo/boshi-shortstay.html

産後出産の疲れと、昼夜かまわずの授乳などによりママの体も精神的にもボロボロになることも少なくありません。ホルモンの乱れにより産後うつなどの状況になることも。産後ケアを受けることで様々な悩みを相談したり、料理などの家事から休息をとることが可能になります。

パパが仕事で忙しい人い上、実家の助けを借りることができない人など、一人で無理せず活用することをおすすめします。

港区は妊娠、子育てのサポートが手厚い

妊婦健診助成などは、多くの自治体でも通常見受けられますが、超音波検査は1回のみで2回無料の自治体はあまりありません。また出産助成金60万円までの助成に関しては、まれに見る手厚い制度で、近隣の病院の値段が高いところも多いためものすごく助かります。このように港区はでは妊娠期から子育ていたるまで、制度が充実した自治体なのです。

————————————————————————————

出産準備中の方、アマゾンの出産準備で登録はいかがでしょうか。「Amazonベビーレジストリ」とは、出産前に必要なマタニティ用品や出産後に必要なベビー用品をまとめてお得に購入できるサービス。出産を迎えると準備するものがたくさん。でも妊娠期に重い荷物を運んだり、商品を探しに行くのは大変です。出産後も赤ちゃんのお世話でママの体力は失われがち。「Amazonベビーレジストリ」なら自宅にいながら出産準備をすすめることができ、買い忘れも防ぐことができますよ。登録料などはいらないので、とりあえず登録しておくのもおすすめです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です