お出かけ

デートでも子連れでも楽しめる水族館、駅近便利なマクセルアクアパーク品川

アクアパーク品川
未就学児(授乳室、オムツ替えあり)
小学生以上
大人

アクアパーク品川の見どころ

アクアパーク品川の特徴は光と映像と魚のコラボというアート的な空間で、お魚の鑑賞をできるところです。季節によって展示テーマも変わり、冬は雪、春は桜を演出するなど、何度訪れても飽きることがありません。広さは品川プリンスホテル内にあるということもあり、他の水族館に比べて特段広いわけではありませんが、館内にはお魚を模したメリーゴーランドや海賊船のアトラクションもあったり、訪れた人を楽しませる仕掛けがたくさんあります。

またアクアパーク品川の特徴の一つは、イルカショーを含めてほぼ屋内で楽しむことができることです。雨の日、冬、暑い夏などでも天候に左右されず小さい子供からお年寄り、体力に自信のない方も安心して楽しむことができるのも良い点です!

では、アクアパーク品川の館内の紹介をします。

エントランス

アクアパーク品川の入り口はプリンスホテルの中を通ってもいけますが、品川駅からプリンスホテルのほうに向かい急な坂を上がって行くと、左手に見つかります。トンネルのような建物の入り口で海の世界にいざないます。そして、チケットを買っていざ入場。早速、エントランスでは美しい魚と季節ごとに変化する映像のコラボレーションで迎えられます。

アクアパーク品川エントランス

アトラクションエリア

エントランスからすぐのところに、アトラクションの海賊船が見えてきます。すぐそばには、赤ちゃんや小さな子供でも乗れるお魚のメリーゴーランドのアトラクションが用意されています。どちらも1回にたくさんの人が乗れるようになっているので、混雑時であっても待ち時間はほとんどありません。お魚に乗ると子供たちも気分上々です!尚、アトラクションに乗るには別途費用(500円/人)が必要になります。

おしゃれな空間演出

アクアパーク品川では随所におしゃれな演出がみられます。タッチパネル式の水槽では水槽をタッチすると、魚の解説が表示されたり、餌を食べる様子が映像で映し出されたりします。季節の花と魚をアートスティックに展示されたスペース、映像とクラゲの演出などが楽しめます。特にクラゲのスペースは四方全面鏡の空間に、クラゲの水槽が配置され、中のクラゲが様々な色のライトで映し出されています。そのクラゲ達が浮遊している姿で、まるで宇宙空間に入ったような感覚に陥ります。

また、ドリンクバーのエリアでは、映像と熱帯魚たちの幻想的な雰囲気の中、お魚の泳ぐ水槽のテーブルを使って、ビールやカクテルなども楽しむことができます。カップルにもおすすめです。

金魚と花火

最大の目玉イルカショー

アクアパーク品川の最大の目玉はイルカショー。その特徴は、室内での鑑賞であるにも関わらず、前席5列ぐらいは水浸しになりながら、見ることができるのです!このイルカショーの観覧スペースは他の水族館と比べてもイルカと観客の位置が近く、そして水槽と水面がほぼ同じということです。観客はその水槽を囲むようにして、イルカショーを見ることができます。イルカとの距離が近く、臨場感あふれるショーを楽しむことができます。

またイルカショーの演出も素敵です。音楽に合わせて、天井から舞い落ちる水と、イルカ達とトレーナーの人と息のあった演出はレベルの高いものとなっています。また観客もリズムにあわせて手をたたいたりすることで、ショー全体の一体感を盛り上げます。

イルカショー会場

フレンドリースクエア(屋外)

イルカショースペースに隣接する屋外のエリアでは、アシカやペンギンのミニショーを開催しています。こちらもアシカやペンギンのショーを間近でみることができ、小さな子供も楽しむことができます。また鑑賞したあとはアシカやペンギンと一緒に写真をとることができます。ショーが始まる直前にスタッフが整理券を配るのでそれをもらうようにしましょう!

海中トンネル(ワンダーチューブ)

海中トンネルの水槽では、エイ仲間では最大級の大きさのナンヨウマンタが見ものです。トンネルの上からキラキラ差し込む光に照らし出されて、ナンヨウマンタやドワーフソーフィッシュ(ノコギリのような鼻を持つ魚)など、さまざまな魚たちが泳いでいます。トンネル型の水槽なのでそれらの魚が泳ぐ表情まで見ることができます。時間帯によっては魚たちの食事の姿が見られる場合もありますよ。

アクアパーク品川

その他

アクアジャングルでは亜熱帯の魚やジャングルに住む動物を集め、ピラニアやカピバラを見ることができます。またペンギンや、アザラシなどの展示もあります。イルカショーの行われる場所にあるカウンターでカピバラなどに餌をやる体験型のイベント(別料金)も申し込めます。すぐに満席になってしまいますが、興味ある方はぜひ申し込んでみてください。

アクアパーク品川のお得な入場券

アクアパーク品川の入場料は以下になっています。

1人料金通常料金(当日・前売り)年間パスポート
おとな(高校生以上)2,200円4,200円
小・中学生1,200円2,300円
幼児(4歳以上)700円1,300円

お得な年間パスポート

1年に2回以上アクアパーク品川に行く予定であるのであれば、年間パスポートを購入するとかなりお得です。(わたしは年間パスポートを持っています。)また年間パスポートを購入した場合、売店や品川プリンス、または関連する施設での割引特典*が適用されますのでぜひ2回以上行く予定があるのであれば年間パスポートを購入するとかなりお得です。

*年間パスポートの特典一覧

館内・コーラルカフェバードリンク100円引き
・ザスタジアム内売店
・アクアショップルーチェ
プリンスホテル(高輪・品川エリア)
5%OFF(一部商品を除く)
プリンスホテル(高輪・品川エリア)・レストラン(一部除く)10%OFF
・T・ジョイ PRINCE品川おとな200円引き
(一部除く)
・ボウリングセンター2ゲーム以上で貸靴無料
・カラオケ山手線飲食代10%OFF
その他施設・横浜・八景島シーパラダイス
・仙台うみの杜水族館
・上越市立水族博物館うみがたり
各種チケット20%OFF

都民向け割引制度

東京都民は「家族ふれあい日」のパンフレットから優待券を受けることができます。アクアパーク品川のチケットが100円引きで購入できます。以下サイトを参考にしてください。

http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2017/03/28/08.html

金券ショップの利用

品川駅高輪口を出て、水族館の方向へ横断歩道を渡ったすぐ左手(バス停近く)に金券ショップがあります。そこで、アクアパーク品川の株主優待券などが売っており、安くチケットが購入できる可能性があります。ぜひ、探してみてください。

会社の福利厚生などの優待券を利用

会社でベネフィット・ワンや、えらべる倶楽部など会社の福利厚生のサービスから割引チケットを購入できる場合があります。また個人向けにもサービスを行うデイリーPlusの会員になれば割引チケットを購入できますのでこちらもチェックしてみてください。

デイリーPlus – Yahoo! JAPANが提供する会員制割引優待サービス
https://dailyplus.yahoo.co.jp/campaign/aff
デイリーPlusで毎日の生活にお得をプラス! 月額540円で映画、旅行、ジム、レンタカー、マッサージ、エステ、ホテルなどがいつでも最低価格保証! Yahoo! JAPANが提供するお得な会員制割引優待サービスです。

アクアパーク品川での注意点

土日祝日は混雑に注意

アクアパーク品川は休日にはオープン時間からかなり多くのお客さんが訪れます。イルカショーなどは開催30分前より席が埋まっていくので注意が必要です。小さな子供は後ろの方から立ち見だとショーがあまり見れない可能性もありますし、濡れる前方の席だと怖がる可能性もあります。席は、真ん中ぐらいの濡れない席から埋まっていきますので、早めに席を確保しましょう。平日であれば比較的混雑は避けられるため、イルカショーの席も探しやすくなります。ゆっくり楽しみたいのであれば平日に行くことをお勧めします。

館内はベビーカー移動が不便

館内はバリアフリーにはなっていますが、スロープやエレベータを使いたい場合、順路に沿って見学すると、途中でもときた道を戻ってエレベータ乗り場まで行かなくてはいけません。そのため、できればベビーカーはチケット売り場の隣、もしくはロッカールーム内のベビーカー置き場に預け、小さな子供は抱っこで館内を巡った方が便利です。

イルカショーは濡れます

イルカショーは前席で見ると本当にずぶぬれになります。開始前に会場でも注意するようアナウンスがありますが、小さな子は怖がることもあるので席は慎重に選んであげてください。もしずぶぬれ覚悟であれば、イルカショー会場のカウンターでポンチョが売っているので買うことをお勧めします。また子供には着替えの服を用意してあげるとよいかもしれませんね。服はポンチョを着ることで濡れなくても、鞄や靴がずぶぬれということもありますので、注意してください。

フレンドリースクエア(屋外)のショーを見たい場合は服装に注意

基本的に屋内の観覧となりますが、フレンドリースクエアでのペンギンやアシカのショーは屋外になります。これらのショーを見たい場合、冬は上着を、夏は帽子、雨の日は傘などを携帯されることをおすすめします。

周辺食事情報

アクアパーク品川は、ホテルの品川プリンス内に位置するため、ホテル内での食事をするとすべて館内移動で行えるため便利です。今回は子供連れで食事する場合のおすすめの場所を紹介します。

  • フードコート(プリンスホテル内)

ラーメン、うどん、焼肉、パスタの専門店などが入っています。ホテル内のフードコートとあって少し値段は高めですが、おいしい料理が楽しめます。土日祝日はランチの時間大変混みあうので、少し早めに行くなど少し時間をずらしたほうがよいかもしれません。

フードコート 品川キッチン

  • 和ビストロいちょう坂(プリンスホテル内)

プリンスホテル内にあるブュッフェスタイルのお店です。和食系のブュッフェが楽しめ小さな子供でも食べられるものが揃っています。ただ混みあうので先に予約を取っておいた方が無難です。

和ビストロいちょう坂

  • HAPUNA(プリンスホテル内)

有名なブュッフェレストランです。人気店のため平日であっても予約でないと入れないことが多いです。ここで食べたいという方は事前に予約することをお勧めします。

HAPUNA

  • ロイヤルホスト 高輪店

水族館から出てすぐ坂を下り道路に出ると、ロイヤルホストがあります。こちらも子供連れには便利ですが、とにかくお昼の時間は混みあい並びますので早めの時間帯に行くことをお勧めします。

ロイヤルホスト高輪店

  • シンガポール・シーフード・リパブリック 品川

品川駅高輪口出てすぐ右側に見える大きな蟹のマークが目印のレストランです。シンガポールの有名レストランで、シンガポール風のシーフードが食べられます。ランチであれば1500円程で食べられます。ホール内はかなり広々としているためベビーカーのまま入店できます。ただ海老、蟹を使った物も多くアジアンテイストのため小さな子供の場合食べられるものが限られてしまうかもしれませんので事前にメニューをチェックしてください。ランチの時間は並んで食べる必要があります。事前予約しない場合はオープンの時間にあわせていくことをお勧めします。(当日予約は不可)

シンガポール・シーフード・リパブリック 品川

まとめ

水族館に入場した後、再入場のハンコを教えてもらば、その日は何度でも入場可能です。そのため食事の時間などにあわせて急いで鑑賞する必要はありません。時間があればイルカショーを見た後一度水族館を出て、お昼を食べてから次のイルカショーの時間に館内をゆっくりめぐれば、混雑時でも魚の水槽はゆっくり鑑賞できることがあります。ぜひお子さんの体調にあわせて水族館を楽しんでください!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です